【2000円】強制的にスマホを触らないようにする凄すぎアイテム

ちょっと前に、こんなツイートが話題になったのをご存知でしょうか?

 

 

これ、めっちゃいいですよね!

 

正式名称を「タイムロッキングコンテナ」というのですが、ロックすると一定時間は「絶対に開かない」箱らしいです。

 

それにスマホやゲーム機を入れておけば、かなり勉強がはかどりますね♫

 

ただ、これには困ったことが1つあって、それはズバリ「高い」ことです。

中学生や高校生には1万円はどう考えても無理な話だし、大人だってちょっとためらってしまうと思います。

 

いぶき
僕もその「ためらってしまった1人」でした!

 

ただ、そこで諦めたかというとそうではなくて、もうちょっとリーズナブルに自作できることに気が付いたのです。

コレは… 一体…

この記事では、そんな「一定時間、絶対にスマホを触れないようにする」ための方法について紹介したいと思います!

 

スマホ、触ってしまいますよね?

smartphone-girl

スマホは確かに、便利な道具であることは間違いないと思います。

ツイッターを開けば知らない人といつでもコミュニケーションをとることができるし、Youtubeで好きな動画を見ることも、関数電卓のように使えば統計確率もチョチョイのチョイです。

 

だがしかーし!

 

これは同時にとても “キケン” であると言えるのではないでしょうか?

 

仕事や勉強に集中したり、自分の世界に入り込みたい時には「絶対に触らないようにしたい!」と思ったことのある人は僕だけではないはずです。

 

ちなみに、「何気なくツイッターを開いたり」している状態になるとかなり危険度が高いと言えるでしょう。

一番ヤバイ状態は、「ツイッターを閉じて、何をしようと思ったか忘れて、またツイッターを開く」という無限ループです。

受験生は絶対にやってはいけません。

 

ということで、僕自身も「スマホを触らない方法」というような記事を書いてきました。

関連記事:勉強中にスマホを使わないようにする方法 7選【集中できない人は必見】

 

自分もこういう記事を書いてきたんですけど、正直、どれもありきたりなんですよね。

スマホを触らないようにするには...
  • 電源を切る
  • 手の届かないところに置いておく
  • 持ち歩かない
いぶき
ありがちだね…

 

そして、ぶっちゃけていうとあんまり意味がないような気がしてきました。

だって、いくら電源を切っても、また電源を入れるし!手の届かないところに置いても、移動すれば良いし!

 

ケメ子
こちとらのYoutube へのサボり執念をなめるんじゃねー!

と思ってしまうのです。

 

また、僕の友人はAndroid なので「画面ロックアプリ」なるものを使って強制的にスマホを使えない状態にしているのですが、僕はiPhone なのでそれができず…

 

結局泣き寝入り(?) をしてきたのですが…

 

スポンサーリンク

どんな方法を使ったかというと…

question_boy_what_why

例の「タイムロッキングコンテナ」を見つけて、

いぶき
コレだ!

と思いました。

 

要するに、

スマホを強制的に、触れないようにすれば良い

のだと気がついたのです。

 

「触れられない」というのは、文字通り、”U can’t touch it.” という状態。

言うなれば、パンドラの箱のような。あれは開けちゃったからマズいのであって、開かなかったら世の中ハッピーハッピーな訳で。

 

「絶対に開かないようにする」ことができれば、どうしたって勉強するしかなくなるのです。

 

ということで、タイムロッキングコンテナを買おうかと迷ったのですが…

 

でも、例のコンテナは2つのデメリットがありました。

タイムロッキングコンテナのデメリット
  1. 値段が高い
  2. 持ち運びができない

 

1つ目のマイナスポイントとしては、「値段が高い」こと。コレは先ほども言いましたが、中高生に1万円は高すぎます。大人だってためらいます。

 

2つめは、持ち運びができないこと。塾の自習室や図書館で勉強している人、カフェで勉強している人にとっては、かなり大きな問題なのではないでしょうか?

 

この2つの問題を解決する、”スマホを触らない方法” があればなぁ…と思っていたのですが、意外なものでそれを解決することができました。

 

「そんなことができるの…?」と思うかもしれません。「無理だ、できない」と諦めてしまう人もいるかもしれません。

でも、諦めないでー。

 

絶対にスマホに触らないようにすることはできます!

そう、iPhone でもね。

 

絶対に触れられないようにするためには

では、絶対に触らないようにするための方法をご紹介します。必要なものは以下の2点。

必要なもの
  1. ポーチみたいなやつ
  2. タイマー付き南京錠

 

いぶき
これだけ!

 

 

タイマー付きの南京錠というのは、僕はAmazon で買いました。

この商品はコンテナほど値段がかからないので、僕も即決してしまいました♫

 

簡単な使い方の説明

こんな感じで、開かないようにします!

使い方は簡単で、フックが2つついているポーチみたいなのや、留められる小物入れに入れて、時間を決めてロックするのです。

時間が来ると、「ピーッ」と音がして解除されるのですが、それまではウンともすんとも開かないようになっっています。

 

いざというときがあるので、ポーチなどはハサミで切ったりできるような、布製のものがいいと思います。

 

こうすると、「30分」などの短い時間だけでも、絶対にスマホを触ることができません。

いぶき
あと30分は、絶対に開かないので、勉強しよっか…

という気になるのです。

 

この時の集中力は、自分でもびっくりするほどでした!

 

しかも、この方法だと持ち運びは一応できるので、カフェで勉強したりするときなどにも安心です。

連絡が来たりしても、ロック時間が終わったらみることができるので、普通に携帯としても機能します。

 

また、もっと大きなバッグであれば、ゲーム機だったりノートパソコンだったりも収納することができます。

 

集中して勉強をしたい時にはとっても便利ですよ!

注意点ですが、スマホで時間を見ることができなくなってしまうので、時計を1つもっているととても便利です。

他にも、お財布ケータイを使っている人などは、注意して使ってみてください!

お金の力で、時間を手に入れよう!

コレで、勉強はばっちし!

以上が、「スマホを強制的に触らない方法」でした。

いぶき
これはぜひみんなにも知っておいて欲しい!

という思いから、記事にしてみました。

 

お金は多少かかるので、ちょっとためらう人もいるかもしれませんが、これのおかげで得ることのできるものは計り知れません。

※それでも、コンテナの1/5 以下の値段です。

 

例えば、1日30分スマホを見ないで済んだとしたら… 1ヶ月で約 900分 も余計にいろんなことができるのです。

 

この間、ちょっとでもバイトをしたり、勉強したりすることを考えれば… 余裕で元が取れてしまいます。

 

個人的には、買ってみて全く後悔もしていないし、本当に勉強が捗りすぎていてびっくりしています!

いぶき
今まで、どれだけスマホに時間を奪われていたんだろう…

 

オススメです!

 

ポーチはこんなのが良いかもです!

 

ケメ子
ぜひ試してみてください!






関連記事 & スポンサーリンク