勉強中にスマホを触らない7つのコツ、教えます!

no-smartphone

あなたは勉強中にスマホを触ってしまうこと、ありませんか?

やめよう、やめようと思っていても、なかなかやめることができないのがこの「勉強中のスマホ」。これに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、なぜ勉強中にスマホを触ってしまうといけないのかと、勉強中にスマホを触らないようにする7つのコツをご紹介します!

 

なぜ勉強中にスマホを触るとダメなのか?

なぜ勉強中にスマホを触ってはいけないのでしょうか?一言で言えば、スマホはあなたの集中力、時間を確実に奪っています

smartphone-girl

 

SNS、ゲーム、ネットサーフィン

SNSは誰か他の人と一緒にするものです。誰かと関わると言うことは、自分の時間を崩されると言うことでもあります。もしSNSをやっているなら自分が1番わかっているのではないでしょうか?

スマホゲームは隙間時間や休憩時間でもできるよう5分や10分単位で遊べるようにできているので、たちが悪いです。この5、10分も積み重ねれば相当大きな時間になります。ネットサーフィンも同じ。

 

視界に入るだけで集中力が落ちる

スマホは視界に入るだけでも集中力が落ちると言われています。机の上に置いておくだけでも勉強に支障が出るようになります。

いくらマナーモードにしていたり、裏向きにしていても集中力は確実に奪われています。勉強や仕事など何かに集中したいときは、スマホを近くに置かないようにすることが大切です!

 

人は多くの仕事を一度にできない

人間の脳は多くの仕事を一度にすることに向いていません。多くのタスクを持つと1つのことに使う力が減ってしまいます

そのマルチタスクについて、1番問題なのは、スマホです。スマホは先ほどあげたSNSやゲームなどのタスクをいくつもいくつも抱えてしまう可能性があります。勉強だけに集中したいのならスマホなど他のものを触らないようにしましょう。

 

しっかり休憩できない

スマホを空き時間に触ってしまうと、しっかり休憩できません。5分や10分などの短い時間でもしっかり目をつぶってゆっくりできますが、この時間にスマホを触ってしまってはその時間も休めてはいません。この時にどんどん体力を消耗してしまっています。

休息ができないと言うことは、しっかり仕事をすることもできません。自分の集中力は有限なので、どこに力を使うべきかは自分で判断しましょう。

 

 

スマホを触らないコツ 7つ

iphones

 

1. スマホを部屋に持ちこまない

スマホを触らないようにするコツは、スマホを近くに置かないようにすることです。携帯電話を携帯しないのはそれこそ本末転倒のような気がしますが、勉強に集中したいのならスマホは近くに置かないようにするのが良いでしょう。

特に、勉強部屋があるのなら、そこにスマホを持ち込まないことは有効な手段です。勉強部屋は、勉強をするための部屋としてそれ以外のものは持ち込まないようにしましょう。

 

2. 勉強は誰かが見ているところで

人間には、「自分を良く見せたい」と言う欲があります。それを良い方向に活用するのにうってつけなのが、人前で勉強することです。

家の中でも、一人で勉強するよりもリビングなど誰かがいる場所で勉強すれば集中できるかもしれません。図書館やカフェなどで勉強すると結構集中できる!という人はぜひやってみると良いでしょう。

 

3. スマホを預ける

どうしてもスマホを触ってしまうという人は、スマホを家の人に預かってもらうと良いでしょう。

子供みたいと思うかもしれませんが、スマホがあって勉強できないというのは子供と一緒です。勉強に集中したいのならそんななりふりを構っている場合ではありません。

真剣に勉強したいのならスマホは本当に集中力を奪っていることに気がつきましょう。

 

4. 勉強道具だけ持ち歩く

大切なことは、勉強道具以外何も持たないということです。

学校や塾に持って行くものの中で、勉強に使わないものってありますよね。スマホや鏡とか、よくわからない小物とか。そういったものに自分がどのくらい時間を使っているか考えたことはありますか?

そういうものを持ち歩くのなら、単語帳をもう一冊持ち歩くほうがよっぽど有意義だと思います。

 

5. スマホを使わなくて良い時には使わない

スマホを使うな!というと、スケジュールやメモ帳をスマホで撮っているから無理!という人がいますが、それがそもそもおかしいのです。スマホでスケジュールを立てることも確かに悪くはないのですが、高校生くらいまでは手書きのものを使ったほうがメリットがあると思います。

勉強用には勉強用の手帳というものがあるし、メモ帳もそれに書き込めば大丈夫です。スマホを触る機会を少なくするということは、スマホに時間を取られずにすむ良い方法です。ぜひ使って見てください!

 

 

6. マナーモードをうまく使う

勉強において、スマホの何が問題かというと通知です。SNSやオンラインゲームなどで周りのリズムに合わせないといけなくなると、自分の時間を持てず勉強できません。

そこで有効なのは、マナーモードなどを使って自分の時間を作ることです。

どうしてもきになるという人は、機内モードを使うという手があります。これは、周りとの関係を完全に断ち切るのでオススメです。

 

7. 寝るときはそばに置かない

寝る時にもスマホを触ってしまう人がいます。勉強したものを定着させるには睡眠が欠かせません。せっかくの睡眠時間をスマホに取られてしまうなんてもったいないです。

また、スマホやテレビなど刺激の強いものを見てしまうと睡眠にも影響があります。寝る前にはなるべくスマホを見ないようにしましょう。

オススメは、スマホの充電器をリビングなどにおいておき、寝ている間に充電することです。そうすれば、絶対にベッドで長時間スマホを触ってしまうこともありません。

 

最後に

スマホは、確かに便利で素晴らしい機器ですが、勉強をするということにおいてはその素晴らしさがあだになってしまっています。

勉強をしっかりしたいという人や、勉強時間をもっと撮りたいという人はスマホを触っている時間をもっと短くしてみることをオススメします!

 

また、スマホはその特性を生かせれば大きな武器になります。例えばリスニングなど、スマホを使うと勉強の効率が上がる場面ではどんどん活用していけるようにしましょう!

次に読みたい


no-smartphone

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



京大生ブロガー、 “いぶき”の
電子書籍発売中!

このブログを運営している京大生ブロガー、いぶきが書き下ろした『受験生の55の疑問・質問に京大生が答えてみた!』という書籍がKindle にて絶賛発売中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。