英語が読めて話せるための効果的なインプットとアウトプットの方法




はじめに

英語を「読んで話すことができる」ために最も効果的な方法はなんだと思いますか?それは英語が話されている国や地域で実際に生活することです。これに勝る方法はありません。

 

では、なぜ日本にいるより海外で生活した方が英語が伸びるのでしょうか?それは、当然といえば当然ですが、英語を使う量が圧倒的に違うからです。それも、インプットアウトプットの量が圧倒的に違います。日本の英語学習者は特に、アウトプットの機会が少なすぎるのです。

今回の記事では、効率的に英語学習を進める上でのインプット、そしてアウトプットのやり方を書いていきます。

 

日本における英語学習のダメなところ

happy-english

具体的な方法の前に、日本の英語学習におけるまずい点を見ていきましょう。

 

日本人はインプット主体

よく言われていることですが、日本の英語学習はインプットが主体です。ここで言うインプットとは、「読む・聞く・書く・話す」で言うところの「読む」が主体になっていると言うことです。

 

なぜかと言うと、日本人が英語に触れる機会は昔から書物だったからです。島国で、全国で日本語しか話されていないこの国では、英語に触れる機会は昔から書物のみでした。なので、英語教育において最も重要視されたのは読むことだったのです。文法や語彙もほとんど長文を読むために勉強をさせられていました。

 

しかし、時代が変わり今では英会話の能力や英作文の能力が求められる時代になりました。センター試験もようやく変わるそうですが、日本もそろそろアウトプットの重要性に目を向け始めています。

 

良いアウトプットは良いインプットへ

では、アウトプットだけが重要かと言うとそうでもありません。むしろインプットも同じくらい重要です。この二つはお互いが独立しているのではなく、どちらかを高めるとお互いの相乗効果で高い勉強効率を手に入れることができます。

なので、日本人がどちらをやったら良いかといえばお分かりのとうりアウトプットです。これに少し力を入れるだけで割と力を入れてやっていたインプットの方もすぐに実力がついて行くのです。

 

TOEICやTOEFLはどうなの?

よく、受験英語という言葉と実戦英語という言葉をついにして使う人や文章を見かけます。しかし、僕が思うにこれらの2つは相反する言葉ではなく、実戦英語が受験英語を内包している関係だと思います。つまり、実戦英語の中に受験英語があるような形です。

なので、実戦英語の中で受験に役に立たないものはありますが、受験英語は実社会で役にたつと思っていますし、実際使えると思う場面がままあります。TOEICやTOEFLを目標に勉強するのも英語を母国語のように使いこなすために有用な手段と言えるでしょう。

 

おすすめインプットのやり方

reading-with-glasses

では、まずはオススメのインプットの方法です。

 

英語学習のインプットといったら、多くの人は参考書を思い浮かべるかもしれませんがそれでは今までのやり方と同じです。その問題点は、圧倒的に量が少ないことと、実際に使うシーンとはほど遠い英語を勉強していること。

なので使える英語のインプットをしようと思ったら、大切なことが多くの実践的な英語に触れていくことです。キーワードはキーワードは「英語のシャワーを浴びる」ですよ!

 

英語のニュース、ラジオ

おすすめなのが、英語のニュースやラジオ番組を聴くことです。映画でも良いですが、とにかく英語がある環境に身をおきましょう。プチ留学状態といっても良いですね。

これらの英語のシャワーは、すべて理解する必要はありません。なので聞きっぱなしにしても、意味がわからなくても構いません。重要なのはとにかく浴びること。できれば毎日行ってください。

 

すると、早い人は1、2週間で ”ん?わかるぞ!”という奇妙な感覚になると思います。また、あとで紹介する独り言アウトプットの時に口からすっと言葉が出てくるのがわかると思います。これは、脳が英語の洪水を整理し始めた証拠です。

僕はニュースは、ウォール・ストリート・ジャーナル、ラジオはイギリスのBBCをおすすめしています!どちらもスマホで嫁、聞けるので通勤通学とかにも良いですよ!

 

洋書

文章を読むなら、洋書がいいです。英語の本を一冊読み終えることは自身にも繋がるし新鮮で英語学習のモチベーションも上がります。

大切なことは、辞書を引かないこと。もし辞書を何度も引かなければわからないという自体に陥ったら、もう少し英語のレベルを落として読むといいと思います。理由は簡単で、辞書を引いてると読むスピードが落ちるし、嫌になるからです。

 

勉強にしたってなんにしたって、楽しくないものは続きません。僕がやった英語学習の中で一番楽しいインプットの方法が本を読む、もしくは映画を見ることでした。ぜひ一度やってみてください!

 

 

おすすめアウトプットの方法

speaking-english

 

さて、いよいよアウトプットです。日本にいるとどうしてもチャンスが少なくなってしまいまうといいましたが、それを考慮した方法をいくつかレコメンドしようと思います。

 

独り言英会話

まずは、独り言英会話です。やり方は簡単で、一人で英語を話す、要は独り言に近いです。これならいつでもできて、相手がいる必要がありません。

例えば今日1日の感想を英語で言ってみたり、駅から自宅までの周りの様子を解説しながら帰ってみたり、やり方は自由です。日頃学習している文法や、覚えたての単語を使ってみると効果的でしょう。

 

日記などに書いてもいいのですが、時間がかかるのと日記帳がないとできない、文法などが気になるなどの制限がついてしまいます。まずは単語でもなんでもいので口に出して見ることがアウトプットにおける正義ですよ!

 

英会話アプリ スタディサプリ English

今はスカイプなどで英語を話す人と会話できるサービスもあるのですが、あまり使われていないのが現状です。その理由の一つに、“恥ずかしがり”な国民性が挙げられると思います。だからかわかりませんが、英語を話すのはもう少しできるようになってからという考え方が強いように思えます。

 

そんな中、スカイプのチャットサービスや外国人講師の英会話サービスを進めたところであんまりやる人はいないと思ったので代替案を一つ。それがスタディサプリ Englishです。

 

このアプリは、月額980円と有料のものですが、外国の人と話さなくても英会話を上達させることができる素晴らしいアプリです。しかもスピーキングだけでなく、リスニングなどのトレーニングがついており、自分のレベル別に学習できます。音声認識で発音まで直してくれるというまさに出来過ぎアプリ。独学でのこれ以上ない選択肢です。

 

僕に英語の相談をしてくれた子にこのアプリを進めたところ、スピーキングが非常に良くなったと言っていました。最初にオンライン英会話のサービスを勧めた時は、「恥ずかしくて話せない」と言っていたのに、今ではバリバリ外国の友達と遊びに行ったりしています。

月額料金がかかりますが、その分以上の価値は絶対にあると信じています。まずはお試し期間もあるので最初の足がかりとして初めてみてはいかがでしょうか?

 

 

最後に

英語ができるようになると、世界が変わります。単純に考えて意思の疎通ができる人の量はいまの何倍にも増え、情報を得ることができるリソースの数も圧倒的に多くなります。こんなに素晴らしいことはありません。

 

そして、そのためには、これまで言ってきた通りインプット、そしてアウトプットの質と量が大切です。今回紹介した方法の他にもやり方はたくさんありますが、

インプットは「英語のシャワーを浴びる」、アウトプットはしっかりと機会を設ける

ことであなたの英語の学習の効率は飛躍的に良くなると思います。

語学の勉強はインプットとアウトプットが大切。このことを忘れないでくださいね!

 

関連記事 & スポンサーリンク



シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



zkai-book


あのZ会が送る受験のバイブル
これからの大学入試の教科書

2020年から入試が変わります。そんな新入試を、あのZ会がわかりやすく丁寧に解説してくれます。今なら無料で配付中!これは知っていると知らないとでは大きな差になりますよ!