大学選びのポイントを解説! 後悔しない第一志望の決め方!

first-choice-titleimage

高校や塾で、何度もなんども言われているかもしれませんが、皆さん第一志望の大学は決まりましたか?

毎日いつもの学校に通っているとピンとこないかもしれませんが、高校生活は長いようにみえてあっという間です。

 

 

大学受験は刻一刻と迫っています。志望校の決定があまりに遅いと、もし行きたい大学が出てきてもその大学の入試のレベルまで自分の学力を伸ばすことができなくなってしまうかもしれません。

また、早めに行きたい大学を決めることで勉強のモチベーションアップにも繋がります。

 

 

でも、志望校を選ぶ経験なんてほとんどの人がないのに、いきなり「さあ、選びなさい」と言われても無理がありますよね!大学に入ってから後悔をしてしまう人が一定数いるんが現実です。

 

そこで、これからこの記事で志望校はどう選べば良いのかを説明して行きたいと思います。

この記事を読み終える頃には、「だいたいあそこかあそこかなぁ」というくらいになっているとは思います。

 

 

志望校決めるメリット

さて、何よりもまず志望校を決めるメリットというのを紹介しておきます。

志望校を決めるメリットは、主に3つ。

1つめは、受験勉強の計画を立てやすくなることです。

受験は、志望校が決まらないとどんな科目をどのくらい勉強して良いかの見当がつきません。そうなると、勉強の計画の立てようがないのです。

なので、志望校をしっかり定め、受験に必要な科目や受験までの日数、合格最低点などを念頭に置いてきちんと受験計画を立てるためにも志望校を早めに決めた方が良いのです。

 

 

 

 

2つ目は、モチベーションのアップです。受験は、はっきり言ってしんどいです。目標も何もないままやり遂げられるとは思えません。そこで心の支えになるのが、「あの大学に行ってあんなことしたい!」という強い気持ちです。

やりたいことがあるから第一志望はゆずれないという思いが勉強の良いモチベーションになります。

また、私はここに行きたい!と宣言することで周りに行動で示さなければならなくなります。決意表明を出すと、勉強せざるおえなくなるので、自然と勉強し始める人もいるみたいです。

 

 

3つ目は、周りがサポートしやすくなるという点です。私は、早くから「東大に行きたい」と行っていたので、理系クラスだったにもかかわらず、国語の先生に手厚く面倒を見ていただきました。

自分が〇〇大学に行きたい!という強い意志を示せば、「これやったらいいよ」とか、「この雑誌に〇〇大学の情報が載っていたよ」など、いろいろなアドバイスをもらえたりします。

受験は総力戦なので、どんどん周りを巻き込んでいくといいと思います。

 

 

受験校の決め方

ここからは志望校選びの具体的な方法についてです。

 

学力で選ぶ

いきなり現実的な話ですが、受験は自分の実力以上の大学には合格できません。

ならば、自分の学力の中で受験校を選択するのは非常に合理的です。

そうすることで不合格になるリスクは軽減され、受験直前に志望校を変更することもなく、また大学に入学してからも、ギリギリで合格してしまって周りについていかなくてはならないなんてことはなくなります。

しかし

プロフィールを読んでもらえばわかるかと思いますが、僕はぶっちゃけ同じ学力で選ぶのでも、ただ偏差値が高いからというだけの理由で志望校を決定しました。当時は自分がいけそうな大学とかは全く気にしていませんでした…

 

いける大学を選ぶ、というと聞こえはいいかもしれませんが、それでは消極的すぎます。研究、就職と自分の将来を考慮すると、もっと広い選択肢を持つことをお勧めします。

目標も何もない人は、偏差値が高いというだけの理由で適当に東大を第一志望にすればいいと思います。僕もそうでしたし、その当時は笑われたりしました。

 

高校の先生なんかにはよく、「ギリギリで頑張っていけるか行けないかのあたり」を志望校にしようという人もいますが、その決め方で頑張れるのはギリギリまでです。

本当はみんな東大に行ける実力を持っているのです!嘘だと思ったら、ドラゴン桜でも読んで見てください!この漫画オススメです。

 

保護者と選ぶ

大学、特にお金のことに関しては親と話し合った方がいいと思います。

というのも、大学も私立と国公立、また学部によっても学費が大いに異なります。友達にも、大学の学費は全てバイトをして稼ぎなさいという人もいれば、一人暮らしで私立校に通っている人もいます。

また、志望校のある地域によっても変わってきます。

 

実家から遠い大学を志望校とするなら寮や一人暮らしも考慮に入れなければならず、それによっても変わってきます。

どうしても将来東京で働きたいなどの希望があるのなら、そこで暮らすことを目標にしてみるのもいいと思います。

 

目標を持つのは立派なことです。ただ、そのことを事前に話しておかないと受験直前になって「そんなところにはいかせられない」「そんな金は出せない」という話になってはもとも子もありません。(特に医学部志望の人に多いですね)

どれだけ行きたい大学や学部があっても、どの家庭にも事情というものがあります。生活費の問題は自分一人で決められません。

お金のことや通学に関しては大学受験それ自体とは何も関係ありませんが、受験生にとっては大きな問題なので保護者や両親と事前に話し合っておいた方がいいと思います。

 

ここまでは学力や学費、地域の問題などの大学と直接関係ない部分で話をしてきたので、ここからは大学と直接関係ある話をしたいと思います。

 

興味のある分野で選ぶ

これが1番大事だと思います。

あなたには将来どんな人になりたいとか、どんな職業に就きたいとか、そういう目標みたいなものはありますか?

 

一度、大学を卒業した時に自分がどうなっていたいかを考えてみると良いでしょう。あなたはどうなっていたいですか?

夢や目標がない人は、自分の好きなことを見つけてみると良いでしょう。例えば美味しいご飯を食べること、ものを書くこと、何かを作ること。ものやサービスだって構いません。iPhoneやスピーカー、漫画、SNS、なんでもいいので思いつくものをあげて、職業として検索して見ましょう。

 

大学は、研究のために専門のことをひたすら深く学んだり、就職のために時間をかけて知識を身につけなければなりません。また、大学の面白いところは、自分の興味のあるものをとことんまで学べるというところです。しかし、これは裏を返せば、興味のない学部を選んでしまったらずっと興味のない分野に時間を費やすことになります…

あとあと後悔をしないように、自分が好きだと言えるものに関わりのあるところに行きましょう。

 

話を聞く、実際に行ってみる

人と付き合う時も、第一印象と全く違う人がいるように、大学も噂で聞いていたりネットで調べてみるのとイメージが違うことがよくあります。

入ってから「こんなはずじゃなかった」と嘆いている人は意外と多いものです。僕も、工学部全部がものづくりをするものとばかり思っていました…

そういったことがないようにするには、興味のある大学に進学した先輩に話を聞いてみたり、オープンキャンパスなどに実際に行ってみることをオススメします!

 

また、大学の学祭や公開授業に行くと大学生活をリアルに想像することができるので受験勉強のモチベーションにもなります。

勉強の予定に無理が出ない程度で参加して見てはいかがでしょう?

 

また、ググったり、資料請求をするだけならタダなのでぜひいろんな情報を集めてみるといいと思います!

 

まとめ

  • 学力で選ぶのはいいけど、それで自分の限界を決めてしまうのは勿体無い
  • 受験は早めに保護者に伝えておく(特に金銭のこと)
  • せっかく行くのだから、興味のある分野に行こう
  • 実際に大学に行って雰囲気を味わうのがオススメ

 

 

最後に

 

さて、なんとなくでも第一志望を決められそうですか?第一志望を決めることは、人生の大きな選択になるかもしれません。焦らずじっくり、と言いたいところですが、あまり悠長にもしてられません。

学力や学費、興味のある分野において全てあなたの望み通りの大学があればいいのですが、もしなかったらどこかでバランスを取るしかありません。

 

 

第一志望を決めることが大切なのではないので、もし本当に決まらないようならあくまで受験の目標としての学校を決めるのでも全然アリです。

第一志望が2校あったって、出願のときまでは一向に構いません。出願をどうしようか考えている人は、周りに相談してみるのもいいと思います。最終的に決めるのはあくまで自分ですけど。

 

とにかく、行きたい大学が決まればあとは勉強するのみです。

悔いの残らないように精一杯頑張ってください!

次に読みたい


first-choice-titleimage

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



ebook_pop

京大生ブロガー、 “いぶき”の
電子書籍発売中!

このブログを運営している京大生ブロガー、いぶきが書き下ろした『受験生の55の疑問・質問に京大生が答えてみた!』という書籍がKindle にて絶賛発売中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。