京大生が中学受験のメリットとデメリットをまとめてみた

tyuugaku-titleimage




有名進学校の多い首都圏を中心に、中学受験を目指す小学生も多いですよね。親は小学校3、4年生のうちに子供に私立の中学受験をさせるかどうかの選択をしなくてはならないことが多いですが、そんなこといきなり言われても中学受験の何も知らない状態ではどうしようもありません。

 

僕も最近

  • 「中学受験って、どんなメリット、デメリットがあるの?」
  • 「子供が私立中学に行きたいって言ってるんだけど、どうなの?」

という質問を多数いただくようになりました。多くの人が悩むポイントなんだなと思いました。

 

そこで、中学受験について、子供と親にどのようなメリット、デメリットがあるのかを簡単にまとめてみました。中学受験を考えているお子さん、親御さんなどはぜひ参考にしてみてください!

 

中学受験について

中学受験とは、ここでは地元の公立中学に行かずに、試験を経て私立校や国立の中学校に進学することをいうことにします。

中学受験というと、お金がかかる、良いトコの家の子供がするというイメージもあるかもしれませんが、今では首都圏の小学生の約15%が私立高を目指して中学受験を受けるそうです。その理由も、大学受験においてメリットがあるといった最もなものから、制服が可愛いなどの理由で私立にいくという人まで様々です。

 

「自分は関係ない」と思っていても、突然にお子さんから「中学受験したい」と言われるかもしれませんよ。

 

子どもから見た中学受験のメリット

それでは、中学受験のメリットを挙げていこうと思います。子供のメリットと親のメリットは区別して別に書いていきます。

jc

高校受験がない

子供の1番のメリットとしては、やはり高校受験がなくなることでしょう。

高校受験は中学生活においてかなり負担であることは確かです。中学校のうちに行きたい高校があれば塾に通うことも必要かもしれませんし、高い内申点が必要であれば美術や音楽などの科目、ボランティアなどにも”内申点を稼ぐために”出たりしなければならないかもしれません。
また、高校受験のために部活を早くに辞めてしまう人も一定数います。

そんな高校受験がないとなると、とてもお得のように感じます。特に

  1. 高校受験のための勉強ではなく、勉強のために勉強できること
  2. 部活や課外活動などやりたいことに時間を使えること

は確かなメリットと言えます。

 

英語の負担がない

高校受験がないというのは、単純に学力の問題もあります。

小学生のうちは、周りが全然勉強していないので差がつくとすれば、「やった」か「やってないか」と言えます。また小学生のうちならば人によって差がつきやすい英語がまだ試験科目ではありません。

なのでやれば受かることが非常に多く、勉強のスタートダッシュをうまく決めることで高校、大学と優秀な成績を収めることもできるようになるのです。

 

「合格」という満足感

人間、頑張るために大切なのは、頑張って何か成功した、嬉しいことがあったという “成功体験”です。若いうちにこの成功体験をすることは非常に重要ですが、中学生くらいの子供だと何かを成し遂げたことがあるひとはそんなにいないのではないでしょうか?

 

しかし、中学受験をすれば確かな成功体験を得ることができます。(もちろん合格したらですが…)このことは、単に地元の中学に進学するのでは決して得ることはできないでしょう。

 

勉強の面倒見が良い(ことが多い)

私立中学、高校は多くの場合、公立高校よりも勉強の面倒見が良いです。なので学校の勉強のレベルが高く、周りの生徒とともに自然と学力を身につけられることが多いです。

また、皆が受験をくぐり抜けてきた子たちなので授業の進度が早く、大学受験の準備を早くから始められるというメリットもあるでしょう。

 

学生のレベルが高い

中学受験のレベルにもよりますが、一般的に受験して入った中学校はレベルの高い子多いです。レベルというのは勉学だけでなく、何か一芸に秀でた子や自分を持っている子もです。

たとえば小学校で浮いてしまっていて馴染めなかった子供でも、そういった環境ならのびのびと自分を発揮できます。そして周りの子供たちに感化されたり刺激を与え合うことができるのです。

 

親から見た中学受験のメリット

father-child

私立中学に入って欲しい、と親御さんが願っているパターンと、子供が私立中学に入りたいといってきた、というパターンの二種類があるかと思います。
どちらの場合にしろ、親のメリット、デメリットもしっかりと把握しておくことが重要です。

 

安心感がある

親のメリットとしては何と言っても安心感が1番なのではないでしょうか?特に地元の学校の評判があまり良くない場合、私立の中学に入ってもらった方が何かと安心なことが多いです。

また、女の子のお子さんをお持ちのかたは、変な虫が寄り付かないというのも(古い表現ですが)メリットではあります。

 

子供から手が離れる

いくら中学生といっても、親が子供にかける時間というのは意外にも多いものです。特に公立中学の場合、PTAや行事、成績や進路のことなど親が出席、参加しなければならないイベントはたくさんあります。また、高校受験の際には親のサポートというのは絶対に必要です。

特に共働きの家庭ではそういった時間を取れないという人も多くいます。私立中学は、かかる時間はそれほどでもないことが多いです。

 

大学進学率が良い

親として考えなければならないのが、子供の大学進学までの進路です。中学受験をするような中学、高校は大学受験のサポートまでしてくれるところが多いので親としては安心ですよね。

 

 

子どもから見た中学受験のデメリット

child-crying

同じく子供のデメリットから上げていきたいと思います。

 

小学生のうちから勉強をしなくてはならない

子供の1番辛いところはここだと思います。高校受験をしなくていいというメリットの一方で、早ければ小学校3、4年生のうちから勉強をしていかなければならないのです。

勉強をすること自体が嫌いではなくても、周りの子供たちが楽しく遊んでいるときに自分だけ勉強をしなければならないというのは本当に辛いものです。それで勉強が嫌いになってしまっては元も子もありません。

できるだけ疎外感を感じないように周りに同じような友達を見つけたりライバルを探したりしましょう。

 

家から遠い

私立中学で考えなくてはいけないのが、通学距離です。いくら中学生とは言え、初めのうちは小学校の延長のようなもの。あまり遠いところまで毎日通うというのはかなりの負担になります。

その分やりたいことができなかったり、睡眠時間が削られては意味がないと思います。
受験先を決める際には学力や学校の特色だけでなく立地やアクセスもしっかり考えましょう。

 

多様性がない

地元の中学に進むと、小学校からさらに友達の輪が広がります。そこでいろんな人と出会い、見識が広がったり新しい考え方を身につけることができます。

その点、私立中学は似たような生活背景、趣味の人が集まることが多いです。なので視野が狭くなってしまう可能性があります。

何より、中学受験をした友達は、「男子校(女子校)だったから異性の友人ができなかった」という人が多かったです。そこらへんも考えておいた方がいいと思います。

 

親から見た中学受験のデメリット

mother-child

学費がかさむ

親の考えなければならないことは、まず学費です。中学受験をするとなると、学費がかさみます。それだけでなく、通学の費用、小学校の塾代など金銭面の負担が増えることは確かです。

高校受験をする金銭負担や、大学進学のための塾代とどちらが多いかと言われれば正直難しいところなので事前にしっかりとした検討が必要です。

 

時間的にも負担がかかる

親がかかるのは時間的な負担も同様です。実際には子供の塾の送迎や弁当を作ったりなどお母さんに負担がかかるかもしれません。

また、高校受験とは違って子供に任せっぱなしというわけにはいかないので受験の情報を集めたり説明会に足を運んだりとかなり忙しくなるかもしれません。

 

 

最後に

いかがでしたか?ぼんやりとでも私立中学のメリットとデメリットを考えることができたでしょうか?何しろお子さんの将来に関わることなので慎重に、かつ素早く検討したいですよね。

 

大切なことは、子供の将来のことにお子さんを積極的に参加させ、一緒に話し、お互いの理解を深めることにあると思います。

まだ小学生なんだからと思わずに、子どもに「どうしたいのか」を聞くようにしましょう!

【中学受験を受ける前に!】まずは読んでおくべき受験ブログまとめ 2018

2018.02.05

 

関連記事 & スポンサーリンク



tyuugaku-titleimage

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



zkai-book


あのZ会が送る受験のバイブル
これからの大学入試の教科書

2020年から入試が変わります。そんな新入試を、あのZ会がわかりやすく丁寧に解説してくれます。今なら無料で配付中!これは知っていると知らないとでは大きな差になりますよ!