受験生におすすめ!勉強を効率的に進められる手帳ランキングTop5

american-books

受験勉強をしていく上で大切なこと、それはしっかりとした計画を立てることです。

1日ごとに何をするか書き出してみたり、いついつまでに何をやろう、という目標を書き出したりすることは、効率の良い勉強をする上で大変重要です。

 

また、試験が近づくにつれ、重要書類の締め切りや模試の日や、試験日、移動日など予定が立て込んできます。それをきちんと整理する上で役に立つのが、手帳です。

 

でも、計画を立てるといっても色々めんどくさいことも多いと思います。

いぶき
僕も受験生の時はスケジュールを立てるのにめちゃめちゃ苦労しました

 

そんな人のためにおすすめなのが、勉強や受験をする人用に作られた「受験生専用手帳です。この手帳は、受験生のために作られただけあって、勉強の計画をたてたり、それを達成したりするのが楽しくなる工夫が満載です。

 

受験手帳にもたくさん種類があるのですが、この記事ではおすすめの受験手帳を紹介します。

ぜひ使ってみてください!

 

おすすめ受験生用手帳

それでは、オススメの受験生手帳をご紹介していきたいと思います。リンク先に手帳の詳細な説明などがあるので、ここでは

  • 僕の個人的な印象
  • 周りの人の声

などを中心に紹介していきたいと思います!

 

1. 赤本手帳

 

受験生用の手帳として有名なのが、この赤本手帳です。あの受験生のバイブル、赤本を出版している数学社が販売しています。

いぶき
僕も受験生の時はこの赤本手帳を使っていました。

おすすめポイントは、「何をするべきか」が明確になることで、今やらなければならない勉強を集中して行えるように作られている点です。

ケメ子
受験生のことを一番よくわかってくれている気がしたよ!

 

また、1週間~1ヶ月単位で計画を組めるようになっている点も良いですね。

 

そして、地味に嬉しいのが、合格のポイントや併願校の決め方、センター試験の科目攻略法などの難関大合格者のワンポイントアドバイスが載っている点です。

僕も何度も励まされました。

 

何を選べばいいかわからない時は、安定の赤本手帳で決まりです。

 

2. 合格手帳

 

次におすすめしたいのが、この合格手帳です。この手帳は、受験だけでなく、資格試験などにも使うことができます。高校、大学受験とずっと使い続けている人もいるくらい、リピーターが多いです。

この手帳は、時期に応じてどのような勉強を心がけるべきかが記載されていて、手帳を開くたびに気持ちをキリッと引き締めてくれます。

sakura-nakami

表紙に「合格手帳」と大きく載っているのも励みになります!

 

学校の友達が持っていて、表紙も可愛いので、女性人気が高かったイメージです。

 

3. スマテ(スマート手帳)

現役東大生が考えた高校生のための2017年度版(2018年受験用手帳)「sumate」スマテ。合格に必要なもの、それは「生活リズム」。現役大学生が”今”伝えたい、時間の使い方がこの手帳に。

このスマテ、実は東京大学大学院教育学研究科の牧野研究室が手がけた、産学共同プロジェクト発の商品なんです。

いぶき
東大の教育学研究科が手がけた手帳なんて、名前からして凄そうですよね。

なんでも「志望校合格の決め手は生活リズム」であるとして、崩れがちな受験生の生活リズムをしっかりとサポートできるよう設計されたみたいです。

 

sumate-nakami

写真のように、細かいスケジュールも組むことができる一方で、1ヶ月ごとの目標なども建てられるので「何を勉強すれば良いのか」が明確になります。

 

価格もまさかの¥490とお手頃。ぜひ使ってみては?

 

4. 時間管理ノート

 

こちらはB5版の、時間管理ノートです。手帳というよりは、ノートですね。

今までの手帳は受験生をサポートする機能が盛りだくさんのものでしたが、こちらは逆にシンプルな中身になっています。中を見てみても、タイムスケジュールを塗りつぶす欄があるだけです。

 

なので、逆に言えば「自分であれこれカスタマイズして使える」ノートになっています。

ケメ子
自分でいろいろアレンジして使うのにもってこいです!

 

なので、受験生はもちろん、資格試験の勉強をしたり普段の生活のスケジュール管理をするのにも活躍してくれると思います!

5. フォーサイト 

 

こちらの「フォーサイト」は学校単位で導入されているところがあるのでご存知の方もいるかもしれません。

「振り返り力向上手帳 フォーサイト」とは、
中学生、高校生が「振り返り力」を高めることで、
「成果づくり」「自分づくり(自立力)」をすることを目的に開発した手帳です。

フォーサイト手帳公式HPより

 

この手帳が重要視しているのは、「ふりかえりの力」です。

今までの手帳は「目標を立てる」ことに重点が置かれていたのに対して、この手帳は「振り返る」ことを第一に考えて作られています。

 

イメージで言うと、僕が部活をやっていた頃につけていた「サッカーノート」のようなものに近いと思います。

その日にやったことや目標の達成度などを振り返る感じです。

 

そのため、手帳の作りも授業の復習などに役立つようにデザインされています。

受験用、と言うよりは勉強のための手帳に近いと感じたので、中学生や高校1,2 年生におすすめできると思います!

 

まとめ

以上が、僕が受験生におすすめしたい受験勉強のための手帳でした。

ポイントをまとめておきます。

 

受験生にオススメの手帳は...

 

それぞれに特徴や個性があるので、自分のビビッときたものを使ってみてください!

 

受験では、いかにして勉強の計画を立てるかが大切です。手帳を買ったらその後ほったらかしにせずしっかりと使い込みましょう!

 

勉強計画については、こちらの記事もぜひ読んでみてください!

planning-titleimage

京大に合格するための勉強計画を現役の京大生が立ててみました

2017年10月21日

 

スポンサーリンク

スタディサプリ



スタディサプリ月額980円(2週間は無料!しかも使い放題!)で予備校と同レベルの授業を受けられる超とってもお得なサービスです。

特徴は、

  • 会員登録は3分で終了
  • 最初の2週間は無料!お試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな科目の好きな授業を好きなだけ受けられる

 

勉強は一人でできることと、一人ではできないことがあります。問題を解いたり、暗記をしたりすることは一人でもできますが、考え方を学んだりすることは決して一人ではできません。

参考書で勉強することの良い点は、一人で自分のペースで勉強できることです。しかし、それだけだと理解のたりない部分が出てきてしまったり独りよがりの勉強になってしまう可能性があります。

 

そんな受験生にオススメなのは、「スタディサプリ」です。人気講師たちが面白い授業を繰り広げてくれるのでいつ見てもあきません。また、あなたの苦手なところや聞きたいところだけをみることができるので苦手潰しにもおすすめです。

最初の2週間は無料なので、とりあえずいますぐ登録することをおすすめしますよ!

 

 







関連記事 & スポンサーリンク



american-books