【京大生が推薦!】中学生にオススメの勉強机はこれだ!

study-classroom




学習机は、子供の勉強にとって欠かせないものの一つです。勉強の習慣というのは、「机に座る」ことから始まるとも言われていて、将来の子供の成長を考えたら是非とも部屋に置いておきたい家具のうちの一つです。

しかし、ひとくちに勉強机といっても色々な種類があってなかなか選びづらいですよね?そんなわけで勉強机を選ぶポイントとおすすめの勉強机を紹介したいと思います!

 

考えるポイント

 

使う期間

使う期間というのは、だいたいそのまま「勉強机を買おう」と考えている時期によると思います。具体的には、

  • 小学校入学時
  • 小学校低学年
  • 中学校入学時

のうちのいずれかだと思います。これらについて、考えるべきポイントを解説していきます。

 

小学校入学時

勉強机の購入時期としては小学校入学時が1番一般的なのではないでしょうか?特に、「小学校入学までに机に座る練習をする」という教育方針を持っているという家庭も多いと聞きます。

小学校入学前の購入だと、高校まで考えればかなり作りのしっかりしたものを検討した方がいいと思います。変に安いものを買うと帰って高くつく可能性があるからです。また、デザインは極力シンプルなものにして置くと後悔が少ないでしょう。

小さなキズなどもかなりつくと思うので、汚れが目立つ色は極力避けた方が無難でしょう。

 

小学校低学年

小学校低学年での勉強机の購入も選択肢のうちの一つです。特に、学校の勉強を本格的にするようになるのはこの辺りでしょうか?

特に、初めてのお子さんのケースだと小学校に持って行く荷物の量がわからないからといって2,3年生の頃に机を買うケースが多いです。

このころのポイントとしては、長く使えるのはもちろんのこと、机を将来どう使っていくかということを考えなくてはなりません。例えば下に兄弟や姉妹がいる場合にはお下がりになるかもしれませんし、一人っ子の場合でも高校になったらその机をリビングに持って来て…なんてこともあるかもしれません。

そういったことを考えて購入を検討しましょう。

 

中学校入学時

最後の購入検討の機会は、中学校入学時ではないでしょうか?このころ、自分の部屋をもらって、その時に勉強机を新しくするという家庭が多いみたいです。

先ほどまでのケースと違うのは、この場合は「買わない」ということも頭の中に入れて置くべきということです。

 

例えば今までリビングで勉強していたのだとしたら、例え自分の部屋を持っていてもリビングで勉強させるという選択肢もあります。

また、例え購入するにしても、小学校みたいに収納があって、ライトがあって…というような多機能なものでなくて、ただの机でもいいかもしれません。

大切なのは、子どもの意見も聞いてみることです。中学生になる子供なら「自分の部屋をこうしたい」という希望が多少なりともあると思います。それを軸にして考えてみると決めやすいと思います!

 

置く場所(色、サイズ)

さて、次に重要なのは、「どこに置くか」です。

例えば、個人の部屋に置くなら頻繁に模様替えが起こるかもしれないので何にでも合う「白」をベースにして、リビングに置くなら今のリビングのベースの色に合わせるといいでしょう。

 

また、置く場所によって取れる幅や高さも変わってくると思います。部屋に置くならベッド付きの勉強机なども考えられます。

そのほか、収納できるスペースが近くにあるかどうかというのも関係してきます。参考書などが近くにおけるスペースがないなら、机に収納性を持たせる必要性が出てきます。

 

機能性

最後に機能性です。最近の勉強机はそれはもう様々な機能が付いています。

例えば収納はもちろんのこと、テーブルライトやテーブルラック、チェストなんかが付いてくるものもあります。

それ以外にも、置く場所によって形を変形できたり、ベット付きだったり、そういった機能をどの程度求めるかで結局は値段が変わってきます。

 

それ以外は値段と相談

他にも、デザインや木の材質などいろいろありますが、これはもう値段と相談するしかないと思います。

上記の条件を満たしつつ、いくらまでならOKかを検討すれば自ずと買いの机は見えてくると思います!

 

学習机の値段の相場は7万円前後とのことです。照明や収納のことを考えると実施にはもう少し高くなるのかもしれません。これを参考にして機能をどこまで持たせるかを考えるといいでしょう。

 

 

おすすめの学習机

では、いよいよオススメの学習机を紹介していきます!

 

No1. シンプルデザインのコンパクトデスク!

見た目がシンプルで置き所に困らないのと、収納性の高さがGoodです。特に収納については、足元にも物をおけたり、棚にコードを通す穴があったりなど至れりつくせりです。

また、上の棚みたいなやつの配置を変えたり、取り外したりできるのでパソコンを置いたりも気軽にできます。

値段も他社と比べてもかなり安めなので値段とデザインを見て、一つの目安にするといいとおもいます。

 

 

No2. あったかい木目のLOWYA(ロウヤ)

続いては、LOWYA(ロウヤ)の学習机セットです。このセットのいいところは全てが独立しているところです。どの部分も自由にできるので、どこに何を置くかをかなり高い自由度で決められるのがありがたい。しかも、デザインが主張しすぎていないので例えば上のラックだけをリビングに持ってくるなんてこともできます。

また、椅子が子供の成長に合わせて変えられるので長く使うこともできます。

ただし、口コミでは「組み立てのめんどくささ」が不評のようです。その代わり、お値段はかなり安いんですけど…

DIYに自信があるという方にはいいのかもしれませんね !!

 

 

No.3 楽天で人気No.1 の学習机

また、販売会社がチェストや棚なども販売しているため、揃えて部屋の統一感が出せることもポイントの一つです。

 

No.4 照明メーカーならではの机

こちらの学習机を作っているコイズミさんは、主に照明を製造、販売している会社です。その照明メーカーが作ったのがこの学習机です。

照明メーカーだけあって、ライトに対する思い入れはピカイチ。目の悪いお子さんにはピッタリかもしれません。

 

また、ベッド付きのげ句集机の評価も高いので是非見てみてください!

 

 

No.5 無垢材といえばコレ!カリモク

カリモクは、国内の大手総合家具メーカーの一つです。特に、無垢材にとっても精通していて、その扱いに付いては日本トップクラスです。

また、ショールームや展示会などでも見かける機会も多く、学習机といえばコレ!といったデザインも素敵です。

気になるのは値段。購入を考える新学期なんかに割引がされていることもあるのでチェックしてみてください!

 

また、このカリモクとベネッセが共同開発した学習机というのもあるので気になったら是非調べてみてください!

 

 

No.6 グッドデザインが光る日本の机 オカムラ

過去にグッドデザイン賞を受賞した経験もある、シンプルなデザインが光る学習机です。

写真だけではわかり辛いのですが、デスクの天板のカーブが本当に美しいです。毎月2月ごろにはもう「完売」や「キャンセル待ち」になってしまい、4月までに間に合わなくなることがあるので少しでも興味があればぜひ詳細を調べてみてください!

 

 

最後に

 

勉強机の選び方のポイントと、オススメの勉強机をいくつか紹介しました。この他にも、勉強机は色々とあるので選ぶ参考にしてもらえればと思います。

勉強机は、子供の勉強との長い付き合いになります。単なるインテリアとしてではなく、「勉強するための机」という目的を持って、機能性やデザインなどをしっかり選んでいければいいと思います。

 

関連記事 & スポンサーリンク



study-classroom

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



zkai-book


あのZ会が送る受験のバイブル
これからの大学入試の教科書

2020年から入試が変わります。そんな新入試を、あのZ会がわかりやすく丁寧に解説してくれます。今なら無料で配付中!これは知っていると知らないとでは大きな差になりますよ!