集中力は上がる? 勉強中に音楽を聴くメリット、デメリットを紹介

music-study--title

中学生や高校生にもなってくると、勉強中に音楽やラジオを聴く人が増えてくるのではないでしょうか?実際、音楽を聴きながら勉強したほうが集中できるという人は結構います。

 

一方、親や先生の中には、「勉強中に音楽を聴くのはもっての他だ!」という人もいます。親からみると、勉強しているんだか音楽を聞いているんだかわからないようです。また、音楽は勉強の邪魔になる、集中力が落ちるという話も、幾度となく耳にします。本当はどちらなのでしょう?

 

音楽と勉強の噂は絶えませんが、今回はそんな音楽を聴きながらの勉強のメリットと注意点についてまとめました。気になる人はぜひ参考にして見て下さい。

 

 

音楽のメリット、デメリット

僕の周りでは、学生の半分近くが音楽を聴きながら勉強しているように感じます。カフェなどのBGMを合わせるともっと多いかもしれません。

そんなにたくさんの人が音楽を聴きながら勉強してるということにはそれなりの理由があるはずですよね?まずは長所をまとめてみました。

 

メリット

  how-long

 

勉強が楽しくなる

好きな音楽を聴くことは、楽しいし、テンション上がりますよね。この楽しさは、勉強の辛さや苦しみを取り除いてくれます。

もちろん、勉強が辛いと感じている人だけですが。

私も、結構この部分が大きかったのではないかと思います。

 

事実、音楽が作業のやる気やモチベーションを高め、効率を上げることについてはきちんとした研究がなされていて、最近では仕事中に音楽を流す職場もあるみたいです。

 

あとは、勉強って最初に机に向かうまでが大変なので、そのモチベーション維持のためには音楽を使っていました。一度机についてしまえば勉強できるという人は使ってみてもいいと思います。

 

 

 

周囲の音ををシャットアウトできる

no-listen

本当にシーンとした環境で勉強できればいいのですが、そういった環境というのは意外にも少ない。

スタバやマクドなどで勉強できる人はいいのですが、気になる人にとっては図書館や自宅などであっても周囲の音に気が散ってしまいます。

 

私は、そんな時に音楽をよく聞いていました。音楽を聴くことで周囲の話し声や雑音をシャットアウトでき、自分の世界に集中してました。この現象は、マスキング効果と言われています。

理想の状態は、いつのまにか音楽をかけていたことに気がつかないほど集中していた、というものです。

 

最近は、周囲の音をシャットアウトできるノイズキャンセリング付きのイヤホンも売っているので、そういう商品を買ってみてもいいかもしれません。使ってみるとなかなかに周囲の音が聞こえなくなりますよ。

おすすめのノイズキャンセリング機能付きイヤホンを探す>>>

 

リラックスできて、記憶力が高まる

音楽の効果としてもう一つあげられるのが、リラックス効果です。クラシックやジャズなどの音楽には、心を落ち着かせリラックスさせる効果があります。俗にいうα波の効果です。

また、リラックスすると疲れが溜まりにくいので長時間勉強することができます。

 

海外などでは、手術の際に音楽を流して、執刀医やスタッフの緊張をほぐしリラックスできるようにしているところもあるみたいです。音楽ってすごいなぁと改めて感じますよね。

 

眠くならない

これは友達が言っていただけなので効果などがあるかどうかは不明ですが、音楽をかけていると眠くならないでそうです。

僕は徹夜反対派なので眠かったらすぐに寝てしまえと思うのですが、どうしてもやり遂げなければならない時には音楽をかけて頑張るというのはわかります。

 

 

デメリット

demerit

物事には、いい面があれば必ず悪い面があります。

意外と知られていない、音楽をかけながらの勉強のデメリットには注意が必要です。

 

音楽に気が散って集中できない

先ほどは音楽をかけると集中できると言いましたが、これは場合によりけりです。特に、歌詞がある音楽の場合は音楽の方に集中力を持っていかれる可能性が高いため、あまりオススメしません。

 

これは、自分が「音楽を意識している」と思っていなくても無意識のうちに集中が削がれていることがあるので注意が必要です。

どの程度集中できればいいのかというのは難しいところですが、単純に考えて日本語の歌詞を聞き取ったりできるくらいなら結構まずいと思います。

 

暗記ものは無理

音楽を聴きながらの勉強は、聴覚を使えていないことになります。一方、1番効率の良い暗記法というのは五感をフルに使うもの。音楽を聴きながらの勉強ではそれは無理です。

 

なので、BGMをかけている時に暗記ものはやらないようにしましょう。

また、言語に関係ある教科(英語や国語)では歌詞が頭に入ってくるとどうしても問題が解けなくなったり文章が頭に入ってこなくなります。音楽を聴きながらやるのは数学などがオススメです。

 

脱線してしまう

line-out

1番怖いのはこれです。

YoutubeでBGMをかけていたはずなのに、気づいたらお笑い動画を見ていた

というパターンのやつです。

私はこれに1番苦しめられました。

 

また、気づいたら音楽だけをぼーっと聞いていたこともあります。音楽は集中できるときはいいのですが、そうでない時の寄り道感が半端ないです。

 

この解決法としては、

・音楽を聴く専用のAV機器などを使う(ウォークマンとか)

・音楽はダウンロードしておいて、スマホを機内モードにする

 

とかですかね。とにかく、勉強以外にスマホを触ってしまうのは本当に時間の無駄だと思うのでやらないようにしましょう!と思っていてもやっちゃうのがニンゲンなんだよなぁ…

 

試験本番では音楽をかけれない

これもあると思います。シャーペンのカリカリが木になるから音楽を聴いているという友達がいましたが、本番では音楽もかけれなければ耳栓もつけられません。

 

受験の失敗パターンとしてよくあるのが、本番緊張して実力を発揮できなかったというものです。こうならないためにも、本番前は実際の入試会場と同じような環境で勉強をしてみましょう。

それが集中できない環境と言うのならなおのことなれておいて損はないですよ!

 

 

オススメしない音楽Best3

勉強中に最も向かないBGMです。これだけは絶対にやるなよ!というやつです。ちなみに、僕は一通り体験しました。

true-or-false

 

3位 深夜テンションのラジオ

勉強できない人の典型例のようなBGM。特に深夜あたりのラジオって面白いの多いから聞き入ってしまいます。

何が1番ダメかというと、ラジオパーソナリティーのトークです。歌と違って話し口調なので、ついつい反応をしてしまうので集中できません。ついつい相手のペースにはまってしまう可能性があるので要注意です。

 

2位 落語

 

好きな人は好きなので聞いている人もいるかと思います。僕の推しメンは柳家小三治です。

これも最初は「古典の勉強にもなるかな」と思って聞いていたのですが、結局落語に詳しくなっただけでした。

シーンとした部屋で笑い声をあげてしまうリスクもあるのでやめておいたほうがいいです。

 

1位 ドラマCD

正直、結構やってました。アニメ好きならわかると思うのですが、アニメラジオやドラマCDなどを聞いていた時期がありました。

おかげで成績がガタ落ちした時期があったので、もしやっているのであれば今すぐやめるか、勉強と切り離して聞いてください!

 

どんな音楽がオススメ?

オススメする音楽は、ジャンルで言えばジャズかクラシックです。なぜかというと、歌詞がないから、また、音楽的にはα波が出やすく集中に向いているということもあげられます。

さらには、曲を切り替える手間がない「BGM用」とうたっている楽曲を検索で探すといいいと思います。

 

個人的には最近ゲーム音楽にハマっています。歌詞がないので集中できるし、かっこいい曲が多くてテンション上がります。ぜひぜひ聞いてみて下さい。

 

 

 

最後に:音楽を味方につけろ

 

音楽を聴きながらの勉強には、メリットデメリットがあることがわかりましたか?個人的には、集中できる音楽を聴くことがいちばんの解決になると思います。

 

しかし、人には向き、不向きというものがあります。音楽を聴きながらだとうまく集中できない人もいるはずです。結局は自分にあったやり方をするのが1番です。

 

一つ重要なことは音楽を味方につけて有効活用することです。音楽はリラックスしたり、気分を変えたりするのにも使えるので勉強の休憩時間に聞いてみるのもアリかもしれません!

次に読みたい


music-study--title

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



ebook_pop

京大生ブロガー、 “いぶき”の
電子書籍発売中!

このブログを運営している京大生ブロガー、いぶきが書き下ろした『受験生の55の疑問・質問に京大生が答えてみた!』という書籍がKindle にて絶賛発売中!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。