新元号は『令和』 出典の万葉集やTwitterでの国民の反応を徹底調査

reiwa-titleimage

いぶき
こんにちは!京大生ブロガーのいぶきです!

 

新元号、決まりましたね。多くの人が、

 

べ… 別に、新元号なんかに興味ないんだからねっ!

と言いつつ、実は結構気になっていたのではないかと思います。

 

そんな新元号発表に関する出典や国民の皆さんの反応などのアレコレについて色々調べてみました。

 

新元号は『令和』に決定

新元号は、「令和」に決まりました。

菅官房長官が発表していましたね。僕はてっきり安倍首相がやるのかと思っていました。

 

平成の時も「実は竹下総理は発表したかったけど、小渕さんがやっちゃった」みたいなサイドストーリーがあったと聞いていたので、誰がやるのかはハラハラでした…

 

小渕さんのように、これから30年くらい、この映像が使われ続けるのかと思うと、少し感慨深いですね。

歴史の1シーンに立ち会った気がします。

 

スポンサーリンク

出典は万葉集の三十二首より

「令和」の出典は、万葉集みたいですね。

菅官房長官のコメントと照らし合わせて調べた結果、おそらく以下の部分だと思われます。

 

『万葉集巻五』

梅花の歌三十二首、并せて序

「初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。」

初春の令月(れいげつ)にして、氣淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かをら)す。

これまで、昭和、平成は四書五経という、中国の古典から採られてきたのですが、令和でこの流れが変わったみたいです。

 

ネットの情報ですが、国書から採られたのは、史上初めてなんだとか…

 

 

“令” の字を見て、最初に「命令」が思い浮かぶ人も多いかもしれませんが、この令はもともと良い、めでたいと言う意味を含んでいます。

①いいつける。命じる。いいつけ。「令状」「命令」

②のり。きまり。おきて。「訓令」「法令」

③おさ。長官。「県令」

④よい。りっぱな。「令色」「令名」

⑤他人の親族に対する敬称。「令室」「令嬢」

 

ちなみに、④の令色とは、「他人が気にいるように取り繕った顔つき」、令名とは、「優れていると言う評判」という意味です。

 

また、”和” も日本人には見慣れた字ですね。この字は「昭和」や「安和」など過去19回元号に指定されていました。

 

元号の条件として、

  1. 読みやすく、書きやすいこと
  2. 今までに地名や会社名で使用されていないこと
  3. 漢字2文字であること
  4. 字の意味的がプラスイメージであること

などがありますが、どの条件もキレイに満たされているように感じますね。

 

個人的な感想は…

令和と聞いて、僕が思った個人的な感想は…

いぶき
あ、いいじゃん♫

でした(適当)

思えば、大正は「タイショー」、昭和は「ショーワ」と、どこか言いやすく、締まるところとゆるっとするところがあったんですよね。

 

でも、平成は「へーセー」とちょっとのんびりしたと言うか、ダルんってところがあってどうかなと思っていたんです。

そこにきて、令和は「レーワ」とまたピシッとしたと言うか、安定した感じがよく出ている気がしています。

 

音の響きも素敵ですね♫

 

スポンサーリンク

Twitter での反応は、概ね好評?

Twitter での反応は様々でしたが、概ね好評みたいですね。

 

間違いないですね!

 

確かに… 発表した当初は、僕も「令和… か…」と違和感が半端なかったです…

 

僕もまったく同じ感想で、出典も音の響きもシュッとして美しいですよね!

 

伝統の中に斬新な風…

こんなかっこいい日本語の表現をしてみたいものです。

 

令和18年は… 略すと… 「R18」…

 

ダメですね。

 

令和になるのは、5月から

以上、新元号になった「令和」の出典や、国民の反応などについて調べてみました。

 

調べていて、気になったのが、「今日から令和」だと思っている人が一定数いたと言うことです。

 

元号が令和になるのは、2019年の5月1日からです。4月現在はまだ「平成」なので気をつけてくださいね!

 







関連記事 & スポンサーリンク



reiwa-titleimage

シェアお願いします