京大生ブロガー「いぶき」のプロフィールとブログ紹介

profile_ibuki
いぶき
こんにちは!

当ブログ、『人が右なら私は左』を運営している京大生ブロガーの “いぶき” と申します!

 

この記事では僕のプロフィールと、このブログを書き始めようと思ったきっかけについて書いていこうと思います。少々長くなってしまったのですが興味のある人はぜひ読んでみてください!

 

プロフィールとブログ紹介

まずは、僕のプロフィールとこのブログの紹介から…

 

いぶきのプロフィール

 

いぶき

 

身長:???

体重:???

年齢:20+α歳

所属:京都大学工学部

趣味:旅行、カメラ、漫画と読書

 

…って、そんなに書くことないΣ(・□・;)

 

ブログデータ(2018年10月現在)

PV: 約11万PV / 月

購読者数:Feedly 3人

男女比:男性 53% 女性 47% (Google Analytics より)

もっとも読まれている年齢層:18~ 24歳

メインコンテンツ:大学受験、大学生ネタ

 

ブログタイトルの「人がみぎなら 私はひだり」という言葉は、京都大学の学園祭のテーマからお借りしたものです。人とは違った生き方、考え方を発信していけたらという思いが込められています。

ブログの目的は、ズバリ「与えられる側からの脱却」です。高校まではずーっと世界が生み出してきたものを享受する立場でしたが、大学生となってはやはり誰かに何かを与える側になりたい!という想いがありました。

 

その想いを実現できると思ったのが、ブログです。

 

いぶき
それと、ぶっちゃけていうと「お金」ですね。

☝️いや、どう考えてもそれが本音やろ!☝️

 

実際、めっちゃ儲けてるわけでもなく、「ぼちぼち」ですが、おかげさまでバイトをしなくてもいい身分にはなりました。

 

自己紹介

では次に、もう少し詳しく僕がこのブログを書くきっかけを書いていきたいと思います。僕がどんなヤツなのかを伝えていけたらと思います。

 

小学校時代

なぜ小学校時代から自己紹介が始まるかというと、それは僕の人生の中でもとびきり大きなある事件が起こったからです。

その事件とは…

buttaoreru

授業中にいきなり気を失ってバッターんと倒れてしまったのです。ちなみに、原因は今でも不明。また起きないとも限りません。

その時の状況は今でも鮮明に覚えています。暗くなる視界、響き渡る先生の悲鳴、この世界からふっと離れる感覚…

 

救急車で運ばれ、めっちゃ学校の噂になりましたが、なんと倒れた時に頭を打ったたんこぶ以外は異常なし。記憶がなくなることも、後遺症が残ることもありませんでした。(周りの人はとても心配してくれて、気の毒に思ったほどです)

が、あれが通学路の交差点で起きていたかと思うとゾッとします。この経験から僕が得た教訓は、

 

「もしかしたら、人間って結構簡単に死んでしまうのかもしれない… やりたいことは早いうちにやっておかなきゃ!」

 

です。

 

天狗になった中学生時代

とまあそんなことがあったので、中学校時代は大好きなサッカーにのめりこみました。おかげでキャプテンになり、成績も上々。人生の中で一番輝いていた時期かもしれません。

さて、ここまでくればもうどうなるかわかりますよね?中学生にして、サッカーでキャプテン、成績優秀とくれば…

いぶき
そう、天狗になったんです。

 

tengu

 

救いようがないのは、それが途中まで微妙にうまくいっていたことです。高校進学の時も、サッカーの県大会の成績が良かったため、推薦でもそこそこの高校には行けたはずでした。死足、中3の12月にいきなり

「これで勉強で県立のトップ校に行けたらかっこよくね?」みたいなノリで高校受験を決意します。

いぶき
ま、僕なら多分できるはずや!(受験まで全然時間ないけど)

と、そんなことを考えていた当時の僕は救い用のない… アホでした汗

そのころの僕は、誤解を恐れずに言えば、「塾は勉強のできない人が、学校のテストで点を取るためにいく場所だ」と思っていたんです。だから、塾に行かずに(学校の) テストで点が取れている自分は合格しないわけはないと思っていました。

 

が、そんなバカな話があるわけなく… 受験勉強を始めたところ、周りとの圧倒的な差を思い知らされるも、天狗なので後にも引けず…

 

みごとに不合格で、結局滑り止めの私立高に進学します。

いぶき
思えば、僕の不運はこの頃から始まっていたんだなぁ…

 

苦い思い出の多い高校時代

所詮滑り止めの高校。ゆうて勉強もサッカーも俺より下のやつばっかでしょ!(←ごめんなさい!) と思って進学した高校で、僕は初めての挫折を迎えます。

初めての挫折、それは、「クラスで頭がいいやつがいっぱいいる!」ことでした。そんなこと、高校受験に落ちてたら普通気がつくと思うのですが、それがこの当時の僕…

 

しかも、最初はうまくいっていたはずのサッカーでも学年が上がるにつれレギュラーから遠ざかっていき、とうとう勉強でもサッカーでも中途半端になってしまいした…

どうでもいいのですが、この当時の僕はキャラを立たせることが人生の最重要課題だと思っていた節があります。アニメとか、漫画の影響ですかね。(中二病と言ってはいけない)

「この頃の僕は、めっちゃ頭が良くてスポーツできるけど、それを自慢しないキャラになりたかったんだよね!」←マジで

 

んで、そんなこんなでせめて勉強かスポーツのどちらかで学校で1番くらいにならねばと思い、ここで勉強の学校一位になることを決意します。

いぶき
これが僕の人生の分かれ目に!

ちなみに、その高校というのは、自称進学校でした。しかし、創立100年近く経つのに東大合格者は0。京大も7年前に1人に出たきり。国公立合格者が2桁にいかないような高校でした。

 

そこで、ここから合格したらすごくね?ということで東大受験をすることを決意します。色々反対はありました。何しろ当時の僕の偏差値でいえば50そこそこ。しかも、勉強すると決めたのが高校2年の秋の終わり。

 

toudaiwomezasu

 

「え、マジで東大いく気なの?」みたいな反応がほとんどでしたね。

でも、やればできる子(?) だったので、そこから成績はみるみる向上。成績もクラスのトップにまで上り詰めます。東大志望といって笑われていた成績も、なかなかなところまで行きました。

って、今までが絶対に努力不足だったやんけ!

 

でも、そううまくはいかないのが人生。結局滑り止めの私立大学に受かっただけでその年の受験は幕を閉じます。

いぶき
ビリギャルみたいに上手くいかないなぁ…

 

そいえばビリギャルの書籍化もブログからきたとか…出版社のみなさま、連絡お待ちしております(笑)

 

記憶が飛んでる浪人時代

とまあ、ここで受かった私立大学に入学していればよかったものの、僕はなんと浪人を決意します。

いぶき
浪人時代は辛かったなぁ…

その当時のことは、正直あまり覚えていません。とにかく、周りの秀才たちに衝撃の連続でした。浪人クラスの最初のテストは最下位近く、マジでびっくりしました。

 

なので、僕は友達を一切作らず、めちゃめちゃ真剣に勉強していました。浪人時代は、本当に自分との戦いでした。一生の宝物です。親に感謝しなくちゃ!

 

クラスの人の名前は今では1人も覚えていません。とにかく勉強、勉強、勉強の毎日でした。そして、最後の最後に志望校を京都大学に変更し、見事(?)合格を果たしました。

 

晴れて大学に!←イマココ

大学は、ものづくりへの憧れから工学部にしました。その当時、スティーブ・ジョブズやイーロン・マスクが盛り上がりを見せていて、僕も「ものづくり、最強!」と思っていた節がありました。

いぶき
でも、現実はそうじゃなかったんだよね…

いくら工学部とはいっても、そこは大学。勉学の方が中心で、実験なども結果のわかりきったものばかり…

 

iroirokangaeru

 

しかも、生活はバイトとサークルに追われてばかり。サークルのためにバイトをして、それを飲み会で使って、合間に勉強をするといった生活です。

何かを作りたくて工学部に入ったのに、気がついたら高校と同じような生活をしていたことにハッとした僕は、「このままじゃいかん!」と思いました。

 

そして、出会ったのです。ブログに。

 

ブログとの出会い。それから…

ブログに出会ったのは、大学2回生の秋ごろ。ちょうどサークルも区切りがついて、良い頃合いでした。

そんな時、たまたま、本当にたまたま目にしたブログ記事に、「ブログで稼げる」ということが書いてありました。しかも、その人は当時、大学生だったんですね。

 

ここで、僕の悪い癖が頭をもたげます。

いぶき
あれ? コイツが稼げるんなら、僕にもできそうじゃない?

ということで、この「人が右なら 私はひだり」をスタートさせました。

 

それからというもの、全く人に読まれない苦悩に苛まれながらもブログを書きに書きまくり、とうとう月間10万PVまでこぎつけました!

今ではバイトを辞め、楽しい生活を… 送って入れればいいのですが、意外と忙しくて大変です。

 

興味のあることとか

では、一通り書きたいことがかけたので、次に僕の興味のあることとかを知っていただけたらと思います。

 

1 アニメと漫画が心のオアシス

アニメや漫画、ボカロが好きです。この時代に生まれてきて本当によかったと思っています。

疲れた日や気の滅入る時は、アニメや漫画を見てライフゲージを回復しています。

 

でも、不思議なことにゲームにはあんまりハマりませんでした。←人生の最大の汚点だと思っています。

スプラをやろうと思っているのですが、家にテレビがありません… ついでにネットもありません…

 

 

2 写真を撮ったり眺めたり

これは親の影響が大きいと思います。最初は親が持っていたカメラを使っていたのですが、大学生になって自分のカメラを買っちゃいました!

でも、Instagram はやっていない系男子なので、Twitter にお写真載せることが多いです。気になる人はぜひフォローしてくれると嬉しいかも!

 

3 読書もスキ!

大学生になって、一番変わったのは読書の興味かも!

今までは、推理小説とかビジネス書とか読んできたのですが、ここにきて「カラマーゾフの兄弟」みたいな古典的名作とか、「暇と退屈の倫理学」のような哲学書などを読むようになりました。

良い傾向なのか、それとも若さゆえの迷走なのか…

 

4 古いものが好き!

古いもの… というとざっくりしていますが、着物とか、古本とか、神社とかですね。

コレはやっぱり “京都” の影響もあると思います。

 

今では、家で梅酒を漬け、鰹節を削ったりしています。家にはWi-fi がないので、畳の部屋でひたすら読書してます…

おじいちゃん、おばあちゃん世代と話がよく合うなと感じるのはそこらへんが理由かもしれません!

 

5 ガジェット系も好き!

と、だいぶ昭和感漂う感じでしたが、新しいガジェット系も結構好きです。レビュー記事とかいっぱい書いています。

 

 

 

実際、工学部ですし、新しいものが嫌いというわけではありません。むしろ、昔のものと今風のもののハイブリットとかにめっちゃテンション上がります。

 

このブログで成したいこと

最後に、このブログでしたいことを書きたいと思います。最初の方に「稼ぎたい」とか言ってたのは冗談として、僕がこのブログで何をしたいかということですが…

僕がこのブログでしたいこと、それはズバリ、「僕が高校生の時、勉強のことで知りたかった情報」を今の高校生に伝えたい ということです。

 

僕は、プロフィールで書いた通り自分が進学校の出身ではないという負い目(?) みたいなものが少しあります。言い訳がましいですが、それのためにつまらない失敗をしたと思ったことが幾度となくあります。

なので、その当時の自分が知りたかったと思えるような情報を世の中に発信していけたらいいかなと思っています。

 

でも、こんなこと言うと

えらい人
え、でもお前がやらなくて良くない?しかも、浪人までしたアホなお前が!

と言う人もいるかもしれません。ですが、元々アホだった僕だからこそ伝えられることがきっとあるはずです。それに、勉強系のブログってどうも「天才やんけ…」って人が書いてる場合が圧倒的に多い気がします。

 

はっきり言いますが、僕はアホでした。(今もかもしれませんが…)

でも、そんな僕が考えて勉強し、京都大学まで合格できるようになったのには、きっとそれなりの “理由” があったはずです。それをみんなに伝えることができたらと言うのが、このブログをやるモチベーションになっています。

 

今では月間10万人に読まれ、書籍まで発売するに至ることができたのは、ひとえに読書の皆様のおかげです。上記のように、コレからもいろんな記事を書いていきたいと思っています。

 

よろしくお願いします!

 

▼関連記事 & スポンサードリンク▼