【悲願】いぶき、ついに Amazon Kindle にて電子書籍を発売中!

いぶき
こんにちは!京大生ブロガーのいぶきです!

 

この記事では、僕が書いた電子書籍をがっつりと紹介させていただきます!

 

ついに…

 

ついについに…

 

電子書籍を出版することができました!

 

受験生の55の疑問・質問に京大生が答えてみた! (著:いぶき)

 

いぶき
ちなみに、書き下ろしです!

 

気になった、いくらなんだ? と思った方はこちらから!

>>>>アマゾンで、いぶきの Kindle 本を見る

 

Kindle の本は、専用のデバイスがなくってもスマホで見ることができます。ぜひ読んでみてください!

 

 

では、どんな内容なのかを簡単に説明します。

 

本の内容

library

 

タイトルは、

受験生の55の疑問・質問に京大生が答えてみた!

です。

いぶき
表紙も僕のデザイン!

 

内容は以下の通りです。

僕の通っていた高校は、いわゆる進学校ではありませんでした。
東大に進学した生徒は学校始まって以来出ておらず、京大への進学者も僕で7年ぶりだったそうです。

 

そんな学校にいて、一番苦労したのは「勉強のやり方」を聞ける人がいなかったことです。教科書のわからないところは先生に質問できても、「勉強のモチベーションの上げ方」や「勉強のタイムスケジュール」の相談に気軽に乗ってくれる人はなかなかいませんでした。

 

この本を書いたのは、そんな経験があったからです。”受験生”の目線に立って、質問に答えてくれたり相談に乗ってくれたりする人が欲しかったから、受験を終えたいま、僕がその役割を少しでも果たせたらと思っています。

 

kindle01

第1章の始まりのページです。勉強をする上で、僕が何よりも大切だなと感じていたのがモチベーション。それをあげるためにはどうすればいいかなどについて書いています。

 

内容としては、最初から最後まで

・僕のこのブログやSNSに寄せられたもの
・僕が受験生時代に疑問に思ったこと

のなかで質問数が多かったり、コレは!と思った疑問・質問と、それに対する回答をまとめたものです。

 

なかなか、こういう本ってなかったんですよね。

受験の最強勉強法!とかあっても、「イヤ、パッとみて暗記しろとかお前しかできないだろ…」みたいなことってよくありませんか?

 

この本は、なるべく受験生の目線から生の声に対して回答するような形に心がけました。そうした意味で、受験生以外の保護者の方や先生がたにも読んでいただいて、感想を聞いてみたいところです。

 

お値段とか文量とか

american-books

お値段は480円、長さとしては、なんとなんと 40,000字!

40,000字といえば、わかりやすく言い換えると「走れメロス」の約4倍という長さになっています。僕の本を読み終えるまでにメロスが

激怒する

友達を自分の身代わりに、自分の村に帰る

娘の結婚式

走る

ハッピーエンド

 

を4周できるってことです!スゴくない? というか、長すぎた?

 

 

この本をなぜ書いたかについて

 

ちょっとここからは個人的な話。この本をなぜ書いたかということについて触れさせてください。

 

僕はこのブログを書いてきて、もう半年になります。当初のこのブログの目標としては、

 

・受験生にとって何か役に立つ情報を提供する
・この世に残るものを作り出す
・バイト代程度のお小遣いをネットで稼ぐ

 

というものでした。

 

しかしです。最近の僕は「受験生のために何かできないか」ということが抜け落ちていたように思いました。自分の自己満足であったり、稼ぐという方向にシフトしすぎていたと反省したのです。

 

先ほども本の説明で書いたとおり、僕自身も受験で相当悩んだタチでした。

 

そこで、

 

受験生の頃に戻ったとして、その時の自分に対していまの僕ができることはないか?

 

と真剣に考えました。そして、その結果行き着いたのが電子書籍だったのです。

 

この書籍が、一人でも多くの “悩める受験生” やその関係者の人のチカラになれば良いなと思っております!

 

 

中身をちょっとだけご紹介!

そうはいっても結局、「よくわからない」ものを買うのは不安があると思うので、少しだけ中身をご紹介します!

 

kindle02 kindle03 kindle04

 

こんな感じで、質問と答え、そしてその解説が延々続いていきます。

 

その数なんと 55 つ。つまり、単純に考えてこの55倍の分量があるってことです。

 

 

最後に

端正込めて書きました。欲を言えば、すべての受験生に読んで欲しいです。

 

どうか、この本を通じて一人でも多くの人の力になれますように。

 

気になった方は、ぜひアマゾンで見てみてください!

>>>>アマゾンで、いぶきの Kindle 本を見る

 

また、この本の感想をレビューやこの記事にコメントいただけると嬉しいです!

 

最後までありがとうございました。

いぶき
以上、大生ブロガーのいぶき(@ibuki_blogger)でした!

 

 

こちらの記事もオススメ!