【大学生必見】プログラミングバイトを探すなら おすすめサイト 5選

purogumraingu-baito

大学生からプログラミングを始めた人って、結構多いのではないでしょうか?

そんな人にぜひやってみて欲しいのが、ズバリ「プログラミングバイト」です!

 

プログラミングバイトは、

  • 時給が高い
  • 好きな時間に、好きな場所でできる
  • 将来、役に立つスキル

と、いいことずくめです。

 

もし、あなたがプログラミングが少しでもできるなら、アルバイトに応募してみることをお勧めします!

 

この記事では、そんなプログラミングのアルバイトを探す人にオススメのサイトを5つ紹介したいと思います。

 

どのサイトにもメリット・デメリットがあるので、ぜひ自分が「コレだ!」と思ったサイトを選んでみてください!

 

成長重視なら、キャリアバイト

cariabaito

キャリアバイトHP:https://careerbaito.com/

 

キャリアバイトのポイント
  • プログラマー・エンジニアとして成長できる
  • 都心の案件が多め

アルバイトにおいて、成長を重視するなら、オススメなのが「キャリアバイト」です。

普通、プログラミングのバイトといえど「そこまで重要な仕事」は任されないことが多いのですが、キャリアバイトなら責任のある開発案件などもゴロゴロ転がっています。

 

その理由は、キャリアバイトは長期バイト・インターンが多いことです。

その名前の通り、「キャリア」を意識したバイト検索サイトなので、将来自分の経歴として誇れるようなバイトが見つかる可能性が大です。

 

しかも、探せば「未経験の方には、会社で研修を行います」というものもあるので、プログラミングを始めたばかりの人も安心して応募することができます。

 

デメリットとしては、都心(特に東京) のアルバイトが多くなっていて、地方の人にはあまりオススメできないことです。

 

 

スポンサーリンク

誰にでもオススメできるのが、バイトル

baitoru

バイトルHP:https://www.baitoru.com/kanto/

 

バイトルのポイント
  • 案件の数が桁違いに多い
  • 大手の安心感

バイト探しは「バイトル」というCMを見たことがある人は多いんじゃないかと思います。

バイトルは、Dip 株式会社が運営しているバイト検索サイトです。大手な会社が運営しているだけあって、安心できます。

 

また、他のサイトと違って案件数がケタ違いに多いです。

案件が多いということは、必然的に「時給の高いサイト」や「自分に合いそうな会社」を探すことができます。

 

しかも、先ほどのキャリアバイトと違って全国の応募があるので、地方の人でも使いやすくなっています。

 

デメリットとしては、それゆえにそれぞれのバイトを探しにくいことと、「プログラミングバイトかと思っていたら、実はデータ校正のバイトだった」などのミスが起こりやすいことです!

 

 

早くバイトしたい人は、マッハバイト (旧ジョブセンス)

mahhabaito

マッハバイトHP:https://j-sen.jp

 

マッハバイトのポイント
  • バイトまでがサクサク決まる
  • バイトのお祝い金が嬉しい^^

 

最近、マッハバイトのCMも流行っていますね。

いぶき
どうでもいいですが、僕はこのCM結構好きなんですよね。

なんか見てしまいます。

 

マッハバイトのいちばんの売りは、「バイトが決まるまでが圧倒的に早いこと」です。

しかも、その分お金が手に入るまでの時間も短いので、金欠の人や「1日でも早く働きたい!」という人にはぴったりのサイトです。

 

また、マッハバイトは「マッハボーナス」という制度を採用しています。

mahhabo-nasu

なんと、「マッハバイトからバイトが決まり、初バイト日が決まった」段階で、お金(ボーナス) がもらえるという制度です。

 

僕が見た感じ、だいたい5,000 ~ 10,000 円くらいのところが多かった印象です。

ケメ子
バイトが決まった上に、お金までもらえるなんて!

 

このキャンペーンはいきなり終了する可能性もあるらしいので、ぜひ今のうちにバイトを探してみてください!

 

 

高スキルで高時給バイトなら、Wantedly

Wantedly サイト:https://www.wantedly.com

 

Wantedlyのポイント
  • 会社でプログラムをガンガン書ける可能性アリ
  • バイトサイトに出ていないものも多い

 

今までのサイトは、「バイト応募サイト」でしたが、このWantedly は「転職SNS」というジャンルです。

使ってもらうとわかるのですが、それぞれ転職したい会社やアルバイトを募集している会社のSNSがあって、そこにメッセージを送ってやりとりするというイメージです。

 

いぶき
なので、気軽に応募ができます。

また、転職サービスなのでプロのプログラマーを募集しているところもあり、印象としてはかなりアルバイトのレベルが高くなっています。

 

だから、それゆえに給料も良いものが多く、他のバイトサイトにはない魅力がたくさんあります。調べた感じだと、リモートワークができるバイトもWantedly がいちばん多かったです。

 

デメリットとしては、相手の要求するスキルがかなり高い場合があります。

なので、そういう場合は合わなかったと諦めて、次のバイトを探してみるといいでしょう。

 

 

フリーランス向きのクラウドワークス・ランサーズ

クラウドワークス:https://crowdworks.jp

 

クラウドワークスのポイント
  • 自分で案件を取ってくる “受注型”
  • 面白いバイト案件がたくさんある

クラウドワークスというのは、いわゆる「クラウドソーシング」というやつです。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、不特定の複数の人からアイデアを募り、仕事やアイデアを集める形式のこと。

 

いぶき
要するに、コンペ形式でバイトや仕事を集めることだよ!

 

例えば「〇〇というサイトを作りたい!」という案件に対して、応募者から「私がやります!」という応募を募り、その中から誰かを選んで任せるという方式です。

 

なので、クラウドワークスやランサーズで仕事を探すのは完全に「案件を受注する」形になります。

 

初心者の人には大変かもしれませんが、フリーランスを目指している人なんかはぜひチャレンジしてみるといいかもしれません。

 

また、クラウドソーシングでは面白い案件も多数あるので、探してみるだけでもワクワクしますよ。

いぶき
僕は、「サイトのタイトル決め」みたいな案件を通したことがありますw

 

こんな感じで、普通のアルバイトと違う形式を取れるのもプログラミングバイトならではと言えるでしょう。

 

ケメ子
登録はもちろん無料なので、するだけして面白そうな案件を探してみてください!

 

 

スポンサーリンク

最後に:インターンで稼ぐのもアリかも

以上がプログラミングバイトを探すためのサイト紹介でした。

 

プログラミングのバイトは割りがいいものが多いですが、それでも「微妙なものしかない…」と思うなら、長期インターンや短期インターンで稼ぐよいう選択肢もあります。

 

最近では、ITエンジニアやプログラマはインターンに報酬がでるところも多く、しかもLINEやMicrosoft 、DeNAなどの大手会社では3日で10万円の給料が出るところもあります。

 

腕に自信のある人や、ガッツリ稼いでみたい人はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?







関連記事 & スポンサーリンク



purogumraingu-baito