インプットが足りない? そんな時にやってみてほしいこと 8つ

input-deficiency-titleimage

忙しい時や予定が立て込んでいて、「最近インプットができていないなぁ…」という人は多いのではないでしょうか?とくに、何かを新しく生み出すクリエイティビティが下がってきたと思った時にはもうすでになんとかしなければいけないラインに来ているかも…

 

そんなわけで、

  • インプットが足りていない!
  • 新しいものやワクワクすることを取り入れたい!

という人に向けて、僕がやっている7つの方法をご紹介します!この中からあなたに合うものを見つけてもらえると幸いです。

 

インプットが足りない時にやること

 

1.  読書

american-books

インプットの代表格といえば、やはり読書です。よく、「流行のビジネス本」を読みなさい!といっている人もいますが、僕はそれには半分賛成、半分反対

 

というのも、ビジネス本だけを読んでいても、結局それって似たようなインプットしかできないからです。例えばフィクションでも身につまされるというか、なるほどと思うようなこともたくさんあるし、その時に気がつかなくても自分の行動を変えることだってあります。

 

おすすめな本の探し方は、ズバリ本屋さんに行って背表紙とポップで決めること!このワクワク感と、たまたま面白い本を見つけた時の嬉しい感じはたまりません。もしくは共感できる人の紹介とかで選ぶことですかね?僕もほんの記事は多少あるので良ければみてみてください!

また、読書はストレス解消にもいいのと言われています。疲れている人はぜひやってみては?

 

 

 

2. ニュースサイトを見て感想を言う

あなたは普段、新聞やテレビなど様々なニュースに触れていると思います。しかし、それってただ単に漏れ出ているだけではありませんか?

 

インプットで重要なことは、量とともに。なので普段受け取っている情報の質を高めていきましょう。そんな時におすすめなのが、「感想を言う」ことです。

例えばテレビで「高齢者の交通事故」が問題になっていると行っていれば、どうしたらそれが解決できるのかや、なぜ解決できていないかなどを考えているといいでしょう。そうするとインプットの質は格段に上がりますよ!

 

3. アンテナを立てる

antena

今度はインプットの量についてです。こちらは簡単。常にアンテナを立てるようにしておきましょう。例えば、普段利用するコンビニのパッケージのデザインとか、スーパーに並んでいる食材の置き方とか、日常生活にはたくさんの”実は…”が隠れています。

普段は、なんの考えもなくただぼーっと通り過ぎている道でも、少し違った視点から見ると新しい発見があります。インプットが足りないと考えている人は、あなたの生活の周り全てがインプットだと言うことを意識してみましょう。

 

4. インスピレーションに生きる

普段、「これをしたいな!」とか、「ああいうことやってみたいな!」とおもっても、なかなか行動に移せないことはありませんか?これは、せっかくの新しい刺激を得られる機会を台無しにしてしまっています。

 

もし、インプットが欲しいなら、この記事を読んだあと「何かしたいな」と思ったことを素直に一つしてみてください。その行動は、普段のあなたならしないようなことが望ましいです。

心の中にかかっているブレーキを外して、いつもと違うことをして見ることでいつもとは違う景色が見えてくることがあります。ふと思ったことや、インスピレーションはあなたを新たな世界に導いてくれるものと認識しておきましょう。

 

5. 普段とは”逆”をいく

which-you-go

いつも同じルーティーンを守っていると言う人は、あえて違うことをしてみるのもいいかもしれません。例えば、いつもの散歩コースから外れてみたり、スーパーではなく商店街で買い物をしてみたりなど新しい発見を求めていつもとは違うことをしてみましょう。

二択なら、普段とは逆をいくことを意識してみると良いでしょう。そうすることで、いつもなんとなくしている自分の行動を客観的に見ることができるかもしれません。「人が右なら、私はひだり」と言う風でもいいですね!

少しマニアックですが、右手と左手で役割を入れ替えて見ることもおすすめ。傘やキャップを開ける時とかに普段と手を逆にしてやってみたりすると面白いですよ。

 

6. 新しく趣味を作る

インプットが足りないと思う人は、新しい趣味を始める絶好の機会と思ってみてください。今まで継続してきたことを続けるのもいいですが、スパーンと新しいものを初めて見るのも一つの手です。

 

時間がない人でも、料理などの生活に関わるものやカメラなどいつでもできるものを趣味にしてしまえばいいですし、時間があれば楽器やゲームなど自分が今まで全く踏み込んでいなかった領域のことをして見るといいでしょう。

今まではなんとなくしてたものも、趣味として少しマニアックな知識やテクニックを覚えようとして見ると面白いんじゃないかと思います。

 

7. 笑顔になる

good-smile

インプットが足りないと思っている人におすすめしたいのは、笑顔を作ることです。インプットと笑顔って、なんの関係もなさそうですよね?でも、インプットには笑顔こそが最強のパートナーなんです。

 

インプットとは、自分の中に入ってくる情報です。それは、自分が積極的に外に働きかけるか、他人から自分に入ってくるかの2つしかありません。そして、笑顔はそのどちらにとっても大切なことなのです。

普段笑顔でいる人と、気持ちがポジティブになります。そう言う人は、自分から積極的に何かをやろう!と言う気分になります。また、そう言う人には人やモノ、そして情報も集まっていくのです。これを千客万来の笑顔と言います。

 

これは作り笑いでも同じ効果があることが知られています。だからとにかく笑顔を絶やさないようにしてみましょう。

 

8. アウトプットしてみる

より良いインプットをするためには、アウトプットも重要です。あなたは、毎日の経験や体験を誰かに伝えたり、まとめたりしているものがありますか?

 

SNSでも日記でも、誰かに話すでも手帳にメモるでもいいので何か “体験を言語化し、誰かに伝える”場所を持っていますか?僕の場合はブログです。アウトプットがあることで、どんどん新しいインプットが必要になり、相乗効果を発揮し、いいシナジーを生み出していくことができます。

 

 

最後に

僕が実際に、インプットを高めようとおもった時に思い浮かぶ選択肢をまとめてみました。自分が、「これ、やってみたい」と思ったものはありましたか?

 

普段やることが多いのは、僕の場合は読書ですかね。あとはブログでのアウトプットかな。ブログやカメラなどの趣味は「これ、やってみたら面白そう!」と言う気持ちを掻き立ててくれるので新しい出会いや経験に一役買ってくれていて、感謝しています。

 

皆さんのオススメのインプット方法があれば是非教えて欲しいです!コメントお待ちしています!

次に読みたい


input-deficiency-titleimage

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



ドラマもアニメも!
Hulu

月額933円”で海外ドラマ、国内ドラマ、映画、アニメなど映像コンテンツが見放題の定額制動画配信サービス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。