流れ星に願い事を3回言うと叶うとされる由来は?科学的根拠は?

sky_mountain_snow_star




はじめに

流れ星が流れている間に願い事を3回心の中で繰り返せば願い事が叶う

と言う話を聞いたことはありませんか?誰から教わったかもはっきりしませんが、不思議とみんな知っているものですよね?

では、なんで流れ星が流れている間なのか?、なんでお願い事は3回なのか考えたことはありますか?

今回は、誰もが一度はお願いをしたことがあるであろう、流れ星伝説とその由来について調べて行きたいと思います。

 

流れ星にお願い事をする由来

stars01

まずは、なぜ流れ星にお願い事をするのかについて考えてみましょう。

流れ星をみたらお願い事をすると言うのは、主にキリスト教文化からきていると言えます。

キリスト教には、

時々 神は下界の様子を眺めるために天界を開ける。この時に、天の光が流れ落ちる。だからこの間に願いごとを唱えれば、その希望は神の耳に届き、神は願いをかなえてくれる。ただし、開いているのは一瞬。そこで流れ星が出現したと同時に神の耳に達するようにその願いごとを唱えなければならない。

という言い伝えがあります。

簡単に言うと、空には神様がいて、神は時々下界の様子を確認するためにこちらをそっと覗きます。その時に漏れる光が流れ星なのです。だからこの時に願い事を口にすればその声は神様に届き願い事が叶うとされてきたのです。

流れ星をみて神様がこちらをのぞいていると思うなんてロマンチックですよね!星座にしろ流れ星にしろ、夜空とロマンチックは切り離せないのでしょうか?

そんなキリスト教の教えが広く伝わった結果、流れ星に願い事をすると言う部分だけが残って現在に至るみたいです。

 

また、なんで願い事を3回言うのかにも諸説あるみたいで詳しいことはよくわかっていないみたいです。

 

海外の人たちは?

 

流れ星にお願い事をするのは、日本人だけではありません。それもキリスト教が由来なら当然ですよね。

では、海外の人たちはどのようにお願い事をするのでしょうか?

私の友人のアメリカ人は、流れ星を見ると

「Money, money, money」と3回唱えるんだそうです。

日本との違いは、

 

  • 主にお金のことしか願わないこと
  • 願いを口に出すこと

 

でした。日本人にも口に出して願い事をする人はいますが、お金のことしか願い事をしないと言うのは少しび驚きです。

 

本当に願いは叶うの?

stars02

では、なぜ流れ星に願い事をすると叶うと言われてきたのでしょうか?ここからは、「そう言われてきたから」とか言う話ではなく、もっと根本的な話です。

 

どうして願いが叶う?

どうして流れ星にお願い事をすると願いが叶うのか?それは、流れ星が流れているその一瞬にお願い事ができるくらい強く心に思っていることだからです。

 

流れ星を発見してからそれを心の中で唱えるのは、そう簡単なことではありません。ふとした瞬間に流れ星が見えても、「あ、流れ星だ!」で終わってしまいます。

ではお願い事をするにはどうしたら良いでしょう?そう、自分から星を探すか、常に「流れ星をみたらこれこれと言おう!」と思っていることです。どちらも、流れ星を見つけてお願いしたい夢とか希望とかを常に心に持っていることになります。この

夢とか希望とか望みとかを常に心に持っておく

ことはとても大切なことです。

 

よく、「思考は現実化する」と言いますが、それは本当にそのとうりで人間「こうなろう!」とか「こうなりたい!」という夢を持ち続けていればいつかそれは必ず実ります。

だから、本当に大切なのは、流れ星に願いをかけることではなく、流れ星を見つけてとっさに3回唱えることができるだけの願いを持ち続けることなんです!

 

最後に

 

流れ星にどうして願い事をするのかわかりましたか?古代の人のロマンチックな話から、思考は現実化するという少し哲学めいた話まで様々でした。

今、あなたは流れ星に願う”何か”がありますか?それに一生懸命に取り組めていますか?

一度考えてから、星空を見上げてみるともしかしたら流れ星が見つかるかもしれませんよ!

 

思考は現実化する

思考は現実化する、はナポレオン・ヒルという成功哲学を掲げた人の言葉としても有名です。もし興味があればこちらの本を読んでみることをお勧めします。

 

 

関連記事 & スポンサーリンク



シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です




学生なら絶対にオススメ!
Amazon Prime Student

今、アマゾンプライムに登録すると、2000のクーポンがもらえる!つまり…実質1年間無料で使える!