白浜でおすすめの露天風呂! 崎の湯へのアクセスや混雑時間、駐車場など

sakinoyu

アドベンチャーワールドや円月島など、観光地として知られる白浜は、温泉の日本三古湯(白浜・有馬・道後)に数えられる有名な温泉地でもあります。

 

僕も温泉が好きで良く行くのですが、その中で最もおすすめしたいのが “崎の湯” という外湯です。

今回は、そんな崎の湯の魅力やアクセス、混雑時間や駐車場などのお役立ち情報をお届けしたいと思います!

 

崎の湯とは?

崎の湯とは、万葉の頃からある歴史的な温泉で、太平洋を目の前に臨むまさに絶景の温泉!

写真はNGだったので公式HPから引用させていただきました!

 

sakinoyu01 sakinoyu02

白浜観光協会公式サイトより

 

温泉に肩まで浸かると、水平線と目線がおんなじかと錯覚するほど目の前に海が広がっています。海の荒れた日や雨の日は入れなくなることもあるほど、まさに大自然を感じることのできる温泉です!

 

今までいろんな温泉に使ってきましたが、ここまで海を近くに感じることのできる温泉は初めてだったので白浜に行く人はぜひ訪れてみてください!

 

基本情報

泉質 ナトリウム塩化物 炭酸水素塩
温度 83℃
効能 リウマチ性疾患、運動器障害、更年期障害
料金 500円 (3歳以上)(消費税込)
定休日 無休 (メンテナンスによる臨時休業あり)

 

アクセス

崎の湯は、初めての人はなかなか見逃してしまいがちです!車で行く場合は特に注意!

 

車の場合

車の場合は、白良浜の方面からトンネルをくぐって崎の湯の方面位進んでいきます。そして、海の方角に入って行くのですが…

 

sakinoyu03

この坂道の途中で右に曲がらなければならないのですが、対向車線でなかなか入ることができない時があります。白浜の渋滞の一つの原因になっていると思うのですが…

 

ちなみに、北に言って反対車線から入ろうとするとトランシーバーのおっちゃんに止められてしまいます。必ず白良浜側から入るようにしましょう。

 

このみちを100メートルくらい進むと、駐車場が見えてきます。

sakinoyu04

本当に海が近くって素敵ですね!

駐車場がいっぱいの時は近くの別のところに案内されます。温泉がそんなに大きくないので空いている時に行くのがおすすめです!

 

バスの場合

最寄りのバス停は明光バスの「湯崎」というバス停です。

歩いて5分くらいですのですぐにつきますよ!

 

 

混雑時間とか

営業時間は 8:00 〜 17:00です。このうち、一番混むのは 15時ごろ。駐車場も同じくらいの時間に混むのでこの時間に行くのはバスがいいかもしれません。逆に朝はあまり混まないので志津香に入りたい人は朝がおすすめです。

 

また、日を遮るものがないので日焼けするのが嫌な人などはお昼を避けるのがいいかと思います。

 

 

注意点

今回の旅で撮った写真とともに、崎の湯に行く時や現地での注意ポイントを書いておきます。

 

① シャワーやアニメティがない

崎の湯はシャワーやアニメティがありません。ただ風呂が2つあるだけです。(男湯の情報ですが、女湯も同じだと思います。)なので、頭や体を洗ったりすることはあまりできません。

 

せいぜい汗を流して風呂に浸かることができるくらいなので注意しましょう。

 

 

② ロッカーに鍵がついていない

sirarahama

白良浜です。冬で人はあまりいませんが、何恥じぬ白い砂と青い海!

 

中のロッカーに鍵がついていません。外のロッカーにも鍵がついていますが、15cmくらいの小さなものです。盗難もあるみたいなので大きな貴重品(僕の場合パソコンとか)は持って行かない方がいいと思います。

 

中のロッカーも風呂からは見えないですし、盗難もあるみたいです。外のコインロッカーは有料ですが、入浴料のおまけだと思って財布や鍵などは預けておいたほうがいいと思います。温泉に “盗難大丈夫かな?”なんて心配しながら入るのなんてごめんですよね!

 

 

③ 雨風が強いと…

雨よけや日差しよけがなく、海が近いので雨が強かったり波が高かったりすると臨時休業になってしまうことがあります。z前にしっかりと確認してから行くようにしましょう。

 

あとは脱衣所も屋根がついているだけで開放的なので冬の朝とか夕方とかは結構寒いかもしれません。 “自然” ということで我慢しましょう。

 

 

④ お湯がそんなに綺麗じゃない

sirarahama2

いかにもなアングルで撮った白良浜!

こう言っては何ですが、お湯がそんなに綺麗じゃないです。繁忙期とかは色々浮いてたりするので神経質な人はちょっと無理かも…

朝行けば少しはマシかもしれませんが、気になる人は考えものです。

 

 

⑤ 足元に注意

自然が売りなので、湯船も廊下も岩でできています。だから結構ゴツゴツしていてお年寄りとか赤ちゃんとかには結構きついかもと思いました。

 

そもそもアクセスがそんなに良くないのでここにたどり着ける人なら大丈夫だと思いますが、気をつけてくださいね!

 

 

最後に

 

色々書きましたが、崎の湯はぜひ訪れてほしい温泉の一つです。よくいう言い回しですが、

白浜に行って、崎の湯いかないなんて人生損してる

と思います。

 

眺めもいいし、年中ほぼ無給でやっているので時間が合えばぜひ行ってみてください!きっといい思い出になりますよ!

 

 

おまけ!

ちなみに、今回の旅で他の温泉にも行ってきました!1番のおすすめの温泉が崎の湯でしたが、個人的なランキングでいうと2番目が白良湯、そして3番目が牟婁の湯でした!

どちらも崎の湯からは近いので、時間があればぜひ行ってみてください!

 

白良湯

sirarayu

白良湯

こちらの白良湯は、白良浜のすぐそばにあり二階の風呂からビーチと海を見ることができます!ベランダに出て松の向こうに海をみながら波の音を聞くのもいい気持ち!

 

牟婁の湯

mukeinoyu

牟婁の湯

こちらの牟婁の湯は、崎の湯から徒歩で5分くらいのところにあり、崎の湯と並んで白浜の有名な温泉の一つです。2種類の源泉からお湯をひいており、一度に二つの湯を楽しむことができる珍しい温泉です。

 

日本書紀や万葉集にも登場したとする由緒正しい温泉に心と体を癒されちゃってください!

次に読みたい


sakinoyu

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



ドラマもアニメも!
Hulu

月額933円”で海外ドラマ、国内ドラマ、映画、アニメなど映像コンテンツが見放題の定額制動画配信サービス



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。