ファッションに興味のなかった男子大学生を変えた1本のズボンの話

black_skinny

これは、ファッションという言葉が恐怖すぎて服を全然買っていなかったという僕のお話。

オシャレ/ファッション って何?って人や興味ないという人にぜひ読んで欲しいと思います。

結論から言うと、「黒スキニー」と言うたった1本のズボンで世界が180度変わった気がしました。

 

いぶき
大袈裟だと思うかもしれませんが、マジです。

ぜひ最後まで読んでみてください!

 

ちなみに、僕がどのくらいファッションに興味なかったかというと、パンツのことを「ズボン」と呼んでいたくらい興味なかったし素人でした。

この記事も、そういう人に読んで欲しくてズボンと言っていました。

 

オシャレの定義を教えてくれと思っていた

bad-man

自己紹介がてら、僕のファッション遍歴を書いていきたいと思います。

みんなそうだと思うのですが、中学・高校までは制服があってオシャレにはぜんぜん興味がありませんでした。

 

部活をやっていたので、年中ジャージとかスウェットで過ごしていたように思います。

大学生に入り、何かオシャレしなきゃと思っていたのですが、服よりもご飯代や旅行代などにお金を使ってしまい、なかなか踏み出せませんでした。

 

いぶき
でも、それには、ちゃんとして理由があったのです。

 

僕がファッションに興味がなかった理由、それはズバリ「オシャレって人それぞれなので、なんか適当にしておけばオッケー」だと思っていたからです。

分かってくれる人は結構いると思うのですが、よくわからんアイテムって世の中にたくさんありますよね。

 

  • 100万円もする落書きみたいに見える絵
  • なんでそんな高価なのかわからない壺
  • 知らんうちに流行っていたタピオカ

こんな感じのものって、「わかる人にはわかる」みたいな、自分とは全然関係ないことのように思っています。

 

そして、ことファッションに関しては、どれがオシャレでどれがダサいのかというのは完全に個人の好みの問題だと考えていました。

だから、大学生になっても割と年中スウェットで過ごしてたし、それで全然問題ないと思っていたんですよね。

 

いぶき
そう、同窓会のあの日までは。

 

同窓会に行くと、学友がおしゃれになっていることに気がついた

大学生も3年生とかになってくると、地元の高校メンバーで集まることってあるじゃないですか。

そのときに集まったメンバーは、よく学校の外で遊んでいたこともあったので、「まぁ気心の知れたメンバーだし、ジーンズとパーカー着ていけばいいかなぁ」くらいのテンションでいました。

 

ザ・手抜き高校生ファッションって感じでしたね。

イメージ例はこんな感じ汗

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯部 朝陽(@99_s_s_)がシェアした投稿


それで集合場所に行ったのですが、集まっているみんなを見てびっくりしました。

 

いぶき
あれ、オシャレしてるやんけ!
って。

 

それぞれがオシャレすることは悪くはないのですが、普段着(デートとか以外って意味) でこの服装を着てくるのか!ということに衝撃を受けました。

しかも、5人全員でしたからね。もうびっくりです。

 

自分がいかにオシャレに疎かったのか、ということにただただ愕然としました。

それまで自分は遊んできたというか、もっとこう、明るい感じかと思っていたのですが、一気に萎えました。

 

いぶき
どうしてこんなにイケてないんだろう…

 

と家に帰ってから割と凹みました。

そして、それから自分のことをいろいろ客観視してみることにしたのです。

 

基礎を押さえればダサくならない

そして、じゃあ何をすればいいのかといろいろ探しました。

まず髪型なのか、オシャレな雑誌をいろいろ読んでみればいいのかをYouTube を見たりブログを読んだりしていました。

 

特に、最初にも言ったように「どうやったら個人的な感性であるオシャレを磨けるのか」ということを考えていました。

そして、調べて調べて調べまくっているうちに気がついたのです。

いぶき
オシャレには、基礎があることに!

 

確かに、ある程度極まった人(1番わかりやすいのだと、ファッションショーとかに出る人とか服とか) は前衛的すぎて全くわかりません。

が、基礎的なことや、10人いたら8人が「そこそこオシャレ」だと思ってもらうラインがあるということがわかりました。

 

つまり、オシャレにも「基礎」とか「勉強すべきことがある」ということが分かったのです。

そして、そしてです。なんとオシャレの基礎の中でも、イチバン最初に揃えて欲しいものがあります。

 

いぶき
それが、タイトルにもある「黒スキニー」です!

 

スポンサーリンク

オシャレアイテムの黒スキニーとは何か?

では、ここでは簡単に黒スキニーとは何かということについて簡単に説明していきたいと思います。

黒スキニーとは、黒いスキニージーンズです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAiKi_AMAZE(@taiki_amaze)がシェアした投稿

 

スキニージーンズとはピタッとしたやつ

いぶき
スキニージーンズって何だよ?

って思う人がいるかもしれないので説明します。

 

skinny とは英語で「ピタッとした」という意味で、もうちょっときれいに訳すと「ほっそりとした・痩せた」という意味になります。

つまり、スキニージーンズとは「ピタッとした細めのジーンズ」という意味です。

 

これの黒いやつが、もうおすすめ。

多分ファッションに興味があった人はもう名前くらいは聞いたことがあると思いますが、鉄板のジーンズです。

 

黒スキニーという最強アイテム

では、なぜ黒スキニーがオシャレアイテムの一歩目としてお勧めなのかということを紹介していきたいと思います。

最初にも言った通り、ファッションには基礎があるので、その基礎的な知識みたいなのを踏まえながらざっくりと説明していきたいと思います!

 

足が長く見えるのでシルエットが作れる

まず1番のメリットは、「足がスラッと見える」ということです。

よく言われていることですが、「洋服」とはその名の通り、西洋人のために作られたものです。

西洋人の特徴としては、「頭がちっちゃくて上半身が厚くて足がすらっとしている」ということ。

 

対して僕たち日本人はどうかというと、主に「胴長短足」です。

つまり、西洋人の体型に合わせて作られた洋服をフツーに服を来てたんでは、永遠に似合うことがないということです。

 

よく、ユニクロとかで外国人がモデルをやっていて、「良さそう!」と思って買ってはみたものの、イマイチだったという人は結構いると思います。

それは、今言ったように、「日本人の体型で着ると不格好に見える」ことがあるからです。

 

では、どうすればいいかというと、ズバリ「足を長く見せる」ことが大切だということです。

んで、そのためにめちゃめちゃおすすめなのが、黒スキニーなんです。

skinny

イラストを見て貰えばわかると思うのですが、どっちが足が長く見えるかというのは一目瞭然ですよね。

スキニーは股下も浅いために(ちょっと動きにくいですが)足がめちゃめちゃ長く見えます。

 

日本人の体型を考えた結果、黒スキニーなんです。

 

キレイめなアイテムなので他の服と合わせやすい

理由の2つ目は、他のアイテムと合わせやすいということです。

オシャレが苦手だった僕みたいな人の特徴としてあげられるのは「トップス(上着)がいろんな種類がある」というタイプ。

そのくせ、パンツはジーパンだったりチノパンだったりしかなかったりする人が多いんです。

 

それでも、もしお金がたくさんあるのなら上下どっちも、そしてコートやら何やらを揃えていけばいいのですが、お金がない(特に大学生) には金銭的余裕が全然ありませんよね。

 

そこで黒スキニー。

黒スキニーは結構キレイめのアイテムなので、例え上にめちゃめちゃきちんとしたカッターシャツを持ってくるとサマになります。

さらに、柄もののプリントTシャツとかを持ってきても、かなり「それっぽい」印象になるのです。

 

靴もスニーカー、革靴、ブーツなど結構いろんな組み合わせができるし、そのどれもがお洒落に見えるので、とってもお勧めです。

 

ユニクロなどで安く買って変身できる

最後のメリットは、とにかく安いこと。

確かに、コートとかのアウターを買えば、遠くから見ても「変わったな」と思うことはできます。

でも、そういうコートって2万円以上したり、かなり労力を使います

 

その点、スキニージーンズはせいぜい4,000円とか。これなら服に興味のない人にも全然出せる額ですよね。

 

僕はこのジーンズを手に入れてから劇的に変わったので、この変化をこの価格で手に入れることができるなら買わない理由がないですよね!

 

最初はブランドなどはどこでもいいのですが、俺はいろんなメリットがあるし、安いのでGUとかユニクロの黒スキニーをお勧めします。

どちらも低価格ですが、ユニクロの方が少し質が良く、お値段も高くなっています。

 

ネットなどではもっと安いものもありますが、試着して裾上げしたりして欲しいので実店舗で購入することをお勧めします!

 

結論:多くの人に体験して欲しい

以上が黒スキニーの説明でした!

ファッションに興味のなかった僕が、なんと週末に大学生に有名なブランドに足を運ぶようになった変化を生んでくれた、貴重な洋服です。

 

これからこのブログでは連載形式っぽくファッションのことについていろいろ書いていきたいと思うので、興味のある人はぜひ読んでみてください!

また、お洒落に興味のない人とか、逆にめちゃめちゃ興味のある人が「こういう記事を書いて欲しい!」ということがあったらお問い合わせから連絡お願いします!







関連記事 & スポンサーリンク






京大生に質問し放題
京大生オンライン

コロナウイルスが蔓延する中、僕にも何かできないかという思いから、「京大生オンライン」というサービスを初めてみました。
公式HPも力を入れて作ったのでぜひ見てみてください!