大学生にオススメのパソコンは?と聞かれたら、答えは「Mac Book 一択」!

MacBook-recommended-titleimage

春から大学生になる人の中には、新しく自分のパソコンを買う人もいるかもしれない。特に近年、大学では「一人一台端末」なる計画が進んでいて、一人一台パソコンが当たり前という時代になっている。

 

今やそんな時代だから、パソコンを買いに家電量販店に行ったりネットで調べてみると、驚くべき数のパソコンが売られていることがわかる。そして、「軽い!」とか「バッテリー長持ち!」とか、さもそのパソコンが世界で一番優れているかのように宣伝を押し付けてくる。

 

しかし、あなたはそんな広告に焦る必要はない。なんでかって、そもそも大学生が買うパソコンは Mac book が圧倒的にオススメだから。誤解を恐れずに言えば、Mac book以外に選択肢はないと言ってもいい。

こう言うと様々な批判貴重なご意見が飛んで来そうだが、全て無視して、ここではMac bookの素晴らしさや少々の使いづらさについて赤裸々に語っていこうと思う。

 

ちなみに僕は、ノートパソコンは「Mac book Air」、スマホは「iPhone 6」、そしてタブレットが「iPad mini」という生粋のApple信者である。さらには実家のデスクトップPCもApple製品である。

逆に言えば、Windowsのパソコンに触るのはせいぜい学校のパソコンの時間か研究室のパソコンでしかない。なので、Windowsのパソコンのあれこれを語るときはかなりの偏見が含まれていることを先に謝っておく。

 

誤った情報を書くつもりは毛頭ないが、もしかしたら情報が古かったり、主観的なものだったりするかもしれないが、これも僕のAppleに対する愛情の裏返しということで大目に見て欲しい。

Windowsのパソコンもすごいんだぞ!という意見があれば、コメントにてお伺いします…

 

 

Mac bookの凄さ

まずはMac bookのすごさについて語っていきたいと思う。スペックの話はもとより、使い心地の良さなどについても語っていきたい。

 

その1. 標準的なスペックの高さ

MacBook_

さて、パソコンを買うときに気になるスペックは、バッテリーの持ち、軽さ、処理能力(サクサク動くか)が代表的だと思うが、このどれもを標準的に満たしているパソコンは少ない。

 

というのも、最近はパソコン業界も差別化しなければ売れない時代になっているので、どれか1つに特化したパソコンというのが主流である。例えば軽さでいうと ”Let’s note”なんかは、本当に軽く、常にパソコンを持ち歩かなければならないサラリーマンに人気である。

 

が、逆にいうとスペック全てが高いパソコンというのを見かけないというのが残念。そこへいくとMacはすごい

まず、重くない。そして、遅くもない。無駄にカクカクしないし、バッテリーの持ちも良い。なんだか当たり前のことのように思えるが、ここまで標準的に”すごい” と思えるノートパソコンというのは滅多にない… と思う。少なくとも、僕は知らない。

 

その2. 動作が快適、ストレスを感じない

パソコンの電源をつけて、起動を待つ間、あなたはどんな気持ちになるだろう?ワクワク?それともイライラ?

もしイライラするという人がいるなら、そういう人にこそMac を使って欲しい。Mac bookに限らず、Apple製品はどれも使い手をワクワクさせるものばかりである。

 

その理由の1つは、動作が快適なことにあると思う。どんな操作に対してもぬるっと動くし、使う人から見て、なんでそうなったかがわかりやすい。操作も直感的なので、迷うこともない。

だから、ストレスを感じさせないし、イライラしない。パソコンを長時間使う人にとってこれは大切なことだけど、以外と評価されない点でもある。

 

その3. デザインが良い。

macbook-pro-at-night-with-apple-logo

Apple信者、という言葉がある。「言い過ぎだ」と思うかもしれないけれど、実際にAppleの新商品が出るたびにアップルストアに並ぶ人もいるくらいだし、Apple製品に何か惹きつけられるものがあることは確かだ。

 

その理由は、一言で言うと、デザインだと思う。デザインとは、製品を製品たらしめる意匠。シンプルで、スタイリッシュなアップルのデザインは他の誰にもまねすることはできない。

Appleの創始者、スティーブ・ジョブズがカリグラフィ(能書法)を学んでいたことは有名な話だし、”Appleはデザインが良い” と言うとほとんどの人が頷いてくれる。Appleといえばまずはりんごのマークが浮かんでくるし、iPhoneは誰に持たせてもiPhoneだとわかる。

 

この、デザインを武器に、Macは世界中にファンを拡大させていった。製品がどのくらい優れているかを見る指標の1つにリピート率があるが、Macはこのリピート率において高い数字を出している。このことからも製品の価値の高さが伺える。

 

その4. iPhoneと連携しやすい

実際に使うとなって、Windowsのパソコンで絶対にできないことはこれだと思う。iPhoneとパソコンを連携させることができるのは結構大きい。

画像や動画を簡単に転送できたり、アプリなどのデータを共有できたりすると何かと便利。

 

数年前まではiTunesの楽曲なんかも共有できてとても良かったけれど、今ではパソコンとスマホを同期させない人も多くてこのメリットは少し魅力を失ったかもしれないけれど、今でもそこそこ使えたりする。

 

その5. 好き

mac-book-pro
「好き」。

友人に、何かの良さを語るとき、この言葉以上のものがあるだろうか?なぜそれを使っているかと言われれば、「好き」だからである。

 

さて、あなたの身の回りには「好き」と言えるものがどのくらいあるだろう?たくさん見つかった人も、以外にも少なかった人も、Mac bookはまず間違いなくあなたのそのコレクションの中に入るだろう。

パソコンをただの消耗品と見るのか、それとも人生の時間を共にする相棒と見るのか。大げさかもしれないけれど、後者とするならあなたはMac を持つ選択肢を少しでも考えて見るべきである。

 

 

Mac book のいまひとつな点

Mac bookを購入する上でネックになる部分もきちんと書いておこうと思う。あとで文句を言われるのがいやだから…

やっぱり、道具というのは使っているとその欠点や改善してほしい点というのが見えてくるもの。こういったデメリットを受け入れることができるのなあなたはMacのパソコンに向いていると言える。

 

その1. Windowsにしかないアプリが使えない

これは本当にWindowsの良いとこだと思う。というか、誤解を恐れずにいえばWindowsのパソコンがMacより優れている点というのは、ここくらいしかないと思う。あとはいじったりカスタムできる点か…

 

ご存知のとり、パソコン業界のシェアでいえばWindowsの方が強くて、だからWindowsでしか動かないソフトやアプリというのも結構多いのである。探せば代替品もないことはないのだが、使い慣れたものとかがある人にとっては辛い選択になる。

 

その2. Apple製品で完結させようとしすぎている

mac-apple

個人的にはこれはMacの美点であると思うのだが、欠点に映る人の方が多いかと思ってこっちに記した。友達曰く、「Macは自己中だ」とのこと。

 

というのも、多くの機器と互換性がない。平たくいってしまえば、テレビとつなぐにもマシンとつなぐにもアダプタといって中継を設けたりしなければダメだということ。

じゃあ何と繋げるんだ!といったら、Appleのものとならだいたい繋げる。だからAppleの人には気にならないけれど、Windowsユーザーからしてみればダメらしい。早くApple製品が世界標準になることを祈っているけれど、そうなる日はまだ遠そうだ。

 

その3. 値段が高い

世の中の大抵のものがそうであるように、値段と価値は比例する。だからAppleは高い。これは仕方がない。

ただ、個人的な意見を述べることを許してもらえるとしたら、ぜひとも伝えたいことがある。それは、パソコンはいいものを買っておいたほうがいいということ。

 

これから人生で色々な買い物をすることがあるだろうし、高いものを買って後悔することももちろんあると思う。けれども、「高いパソコンを買いすぎたー!」という人は未だ見たことがない。ので安心してほしい。無駄にはならない、と思う。

 

 

最後に

Mac bookがいかに素晴らしいのかを書くつもりが、いつの間にかApple製品の素晴らしさを語り始めていたような気もするが、まあいいとしよう。

 

これだけMac bookが好きな僕が、Mac bookが優れたパソコンだということの何よりの証拠だと思ってくれるとありがたい。

 

さて、Mac bookに少しでも興味を持ってくれたら、次にあなたがすべきことは1つ。それは実際にApple Storeにいって製品に触れてみることである。Appleの素晴らしいところは、こうした製品を使ってみる体験にこそ見つかるものなので、ぜひあなた自身の手で実際に使って見て欲しい。

次に読みたい


MacBook-recommended-titleimage

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



大学生なら絶対入るべき!
Amazon Student

無料登録するだけで、2000円のクーポンがもらえて、音楽聞き放題、映画見放題、お急ぎ便使い放題



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。