バトル漫画オタクが選ぶおすすめの王道作品ベスト31をご紹介

-titlleimage

最近、ちょっと暇な時間ができるとついつい漫画を読んでしまいます。昔からめちゃめちゃ漫画好きだったのですが、特に好きなジャンルが「バトル漫画」です。

 

胸熱な展開とかかっこいい技名とか、中学生の頃から全然変わらず楽しめています。

 

この記事では、そんな僕がおすすめする厳選されしバトル漫画31作品をランキング形式にして紹介します。

時間のある時にぜひ読んでみてください!

 

選定ルール
  • 完結・未完は問わない
  • 僕が読んだことある作品からランクイン
  • テニスも料理対決も “バトル漫画” にカウント
  • ドラゴンボールとかあしたのジョーとかの旧名作は除く

 

1位 キングダム

 

一言あらすじ

中華統一を目指す王と大将軍を目指す少年の物語。とにかく胸がアツくなる。

つい最近読んで、めちゃめちゃハマった作品。とにかく胸がアツくなり、「これで最終回なんですか?」ってテンションがずっと続く。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masatomo Kawahara(@masatomo888)がシェアした投稿

 

日本の歴史モノってどうしても先がわかってしまう感じがあるけど、中国のやつなので展開がまるで読めなくて面白い。

 

しかも、戦いの中で陣形を変更したりとか、宮中での権力争いとか、そういったことも丁寧に書かれているのでそっちも見どころの1つです。

いくつかめちゃめちゃ名シーンがあるので、ぜひ堪能して欲しいです。

 

スポンサーリンク

2位 鋼の錬金術師

 

一言あらすじ

失ったものを取り戻すために旅する錬金術師の兄弟の物語。壮大なストーリーが見どころ。

説明しなくてもわかると思いますが、漫画界のレジェンドです。自分の中でこれを超える漫画はもう出てこないんじゃないかな。

1つ1つのストーリーが、最終的には大きなストーリーに回収されていく様がとても見事です。

 

ちょいちょい出てくる名言もかっこよくて、もちろんバトルもよくて、最高です。

まだ読んだことない人がもしいたら、ぜひ読んでください!

 

3位 HUNTER × HUNTER

 

一言あらすじ

ハンターを目指す少年たちの冒険譚。念能力がで始めたとこあたりから面白さが加速。

こちらもご存知、冨樫先生の『HUNTER × HUNTER』です。最初はバトルっぽくない感じかなと思っていたら、天空闘技場あたりからかなり面白くなりました。

 

途中からはもうバトルファンタジーみたいになるし、能力系の戦いが好きな人にはおすすめです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

NABE(渡辺 拓弥)(@nabe_takuyawatanabe)がシェアした投稿

 

良くも悪くもジャンプっぽいので主人公たちが成長するところや必殺技の習得のシーンなどが面白い!

 

4位 ワールドトリガー

 

一言あらすじ

地球を襲うネイバーと、街を守るボーダーの戦いを描く。頭を使った集団戦の描き方は一級品。

集団での戦いを描いた漫画が好きなら、本当におすすめします。

仲間との連携だけでなく、フィールドを使った仕掛けだったり相手チーム同士をわざとぶつけたりと奥が深いです。

 

さらに、主人公が頭脳派のプレーヤーなので途中から罠を張ったり足止めをしたりと “嫌味な” 働きをするのも個人的には超ナイスポイント。

この漫画だけで3日くらいは語れますね。

 

5位 ちはやふる

 

一言あらすじ

カルタ(百人一首)に青春を掛ける少年少女の物語。もはやバトル漫画。

カルタってなんかおじいちゃん・おばあちゃんがやっていると思われがちじゃないですか?

でも… この漫画はとっても青春の香りがします!

 

一応分類は「少女漫画」だし、文化系の部活なのですがバトル漫画にランクインした理由はただ1つ!

それは、アツいから!

 

戦いの感じがビンビンに伝わってくるのでぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク

6位 金色のガッシュ

 

一言あらすじ

魔界の王を決めるために繰り広げられるバトルロワイヤル。バトル漫画の王道にして、誰しもが一度は通る道。

ガッシュの話をして乗ってこない人の方が少ないんじゃないかと思うくらい、同世代(20代)にウケがいいのが特徴。

今思い返しても王道のバトル漫画だし、読み返しても面白いです。

 

技名がかっこよくて、なんか叫んじゃう魅力があります。キャンチョメが謎の癒しです。

 

7位 BLEACH

 

一言あらすじ

まだ読んでない… だと? どこまでもオサレなバトル漫画。

BLEACH は僕の青春の1ページといってもいい漫画です。中学生とか高校生の時にめちゃめちゃハマってました。

 

 

バトル漫画なんだけど、どこか冷静なキャラだったり、モノクロの絵の美しさだったりが大好きでした。

まだ読んでいないという人は今すぐにでも買って読むことをおすすめします!

 

スポンサーリンク

8位 刃牙シリーズ

 

一言あらすじ

最強を目指す漢のお話。あらすじというあらすじはない。(ヤロウ、タブー中のタブーに触れやがった…)

正直にいうと、僕は最初、この『刃牙』という漫画があんまり好きではありませんでした

この絵の感じが受け付けなかったんですよね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

鬼の形相作るぞー/広背筋鍛えるぞー(@demonface_tsukuruzo)がシェアした投稿


でも、大学生になった今ならわかるのですが、この味のある感じがなんとも言えず最高なんです。

 

あらすじも、「本当になんで闘ってんの?」って不思議なんですけど、それが気にならないくらいもう面白い

読み出したら止まらなくなるので、筋肉フェチの人もそうでない人もぜひ読んでみてください!

 

9位 ONE PIECE

 

一言あらすじ

“ひとつなぎの大秘宝” を求めて海賊王を目指すルフィとその仲間の冒険譚。個人的には空島が好き。

僕は忘れがちなんですけど、ワンピースって基本はバトル漫画なんですよね。

特にアラバスタとか空島とかはめちゃめちゃバトルしてたし、面白かったように思います。最近はなんか一瞬でカタがついている気がしたのでこの順位にしました。

 

ある意味でこれからが本番だと思っているので、期待しています!

 

10位 食戟のソーマ

 

一言あらすじ

日々、料理の腕を磨き、研鑽する高校生たちのお話。食戟の “戟” は矛という意味。

表紙を見た感じはただのお料理漫画ですが、内容は… お料理漫画です。ちょっと上の世代には「料理の鉄人」といえば通じるのではないでしょうか?

 

格闘技などとはフィールドが違いますが、これも立派な「バトル」漫画。アツい展開に期待していいですよ。

 

ちなみに、料理の参考になるかといえばあまりならないような気がします。それでも知識はつくしモチベーションも上がるのでそういう意味でもおすすめです。

 

11位 テニスの王子様

 

一言あらすじ

必殺技があるテニス漫画。もはやコートにブラックホールができるくらいでは驚かない。

こちらももはやバトル漫画の域に達しているテニス漫画。

最初は “スプリットステップ” “スネイク” とか頑張ってた感はあったのですが、最後の方になると人は飛ぶはボールは増えるわで…

 

一方、バトル漫画としてのツボは抑えていると思うので、サクサク読み進めることができます。

 

12位 鬼滅の刃

 

一言あらすじ

鬼になってしまった妹と、その妹を人間に戻すため、鬼を殲滅することを誓う兄の絆の物語。いろんな意味で泣ける漫画である。

最近のマイブーム漫画の一つです。胸熱です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

むー(@kimetu_akaunt)がシェアした投稿

 

全体的にシリアスな展開で進んでいくのですが、 その中で主人公や仲間たちが輝いているのが救いです。

主人公の炭治郎は最近のジャンプ作品にしては珍しい「努力型の主人公像」を地でいくので、そういうのが好きな人におすすめです。

 

13位 幼女戦記

 

一言あらすじ

異世界に飛ばされて幼女姿になった青年が、バトる物語。アニメ版の声が絶妙に良いのでそちらもチェックしてね!

設定がはちゃめちゃな割には、内容はとても王道を歩んでいるイメージがあります。

背格好が完全に幼女なのに対して、セリフがおっさんみたいなのでクスッと笑えます。

 

戦闘シーンはシリアスそのものなので、耐性がない人は無理かもです。

 

14位 僕のヒーローアカデミア

 

一言あらすじ

“個性” のある社会でヒーローになるために頑張る主人公たちのお話。わかりやすく面白いバトル漫画。

王道中の王道。ヒーロー漫画の欲しいところを全部さらっていく感じです。ベタ、最高。

やっぱり、主人公が高校生とかで能力出てきたりして敵がいたらそりゃ面白いですよ、みたいな作品です。(褒めてます)

 

作者がアメコミに影響を受けたんだということが丸わかりなので、マーベルとか好きな人はビビッとくること間違いなしです!

 

15位 ソウルイーター

 

一言あらすじ

武器と職人が一心一体となって戦う、アクション漫画。絵柄がちょっと怖い。

最初は「人が武器になる?」というはてなマークが頭に浮かぶと思うのですが、読めば一瞬でわかります。漫画ってすごいですよね。

個人的にはブラックスターという、「俺様が神様だぁ!」とか言っているキャラクターが大好きなのですが、伝わるかな?

 

ノリが良い一方で、感情がぐしゃぐしゃになるところの描写がかなりトラウマティックなので気をつけてください!

 

16位 刻刻

 

一言あらすじ

時間の止まった世界を巡る謎解きとバトル。女性が主人公のバトル漫画で、クセになる面白さ。

格闘技みたいな純粋なバトルものというよりは、頭脳戦をメインにしているお話。

世界観が不思議で、読んでいる時に周りの音が消えるみたいな感覚に陥ります。

 

設定がシンプルなのに割と頭を使うので、読後感が気持ちいい作品です。

 

17位 出会って5秒でバトル

 

一言あらすじ

“能力” を与えられ、いきなりバトルロワイヤル!頭を使ったバトルが見どころのひとつです!

漫画アプリで読み始めて一気読みしてしまった作品です。

謎組織のおかげでいきなりバトルが始まるというありがちな設定ながら、バトルそのものの密度がとても濃くて良きです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山犬映像(@inutayamamoto)がシェアした投稿

 

個人的には絵柄も好みで、良くわからんページで悶えたりしています。

現在も連載中なので、これからの進展に期待ですね?

 

18位 はじめの一歩

 

一言あらすじ

いじめられっ子の少年が、ボクシングで世界一を目指す物語。ボクシング漫画の王道であり、至高。

始めはひ弱だった主人公がボクシングを初めて、どんどん強くなっていく王道のストーリー。

ボクシングは試合の部分はいいものが多いのですがはじめの一歩で僕が好きなのはそれ以外の修行のシーンとか。

 

決して華があるわけじゃないのですが、薪を割ったり木をハンマーで叩いたり地味なトレーニングをするのがいいなぁと思います。

 

19位 テラフォーマーズ

 

一言あらすじ

火星にテラフォームして進化したゴキちゃん達 vs 手術で強化された体を手にした人間。いちいちかっこいい。

設定は斬新だわ、それぞれの人の紹介文はかっこいいわで超盛り上がる漫画です。

最初っから最後までずーっとバトルしてるし、どんどん新しいキャラと技が出てくるので全然飽きがきません。

 

ただ、敵のゴキちゃんが本当にトラウマもので、「じょうじ」ってのが怖いです。

好き嫌いが分かれると思いますが、嫌いでないという人はぜひ読んでみてください!

 

20位 ぼくらの

 

一言あらすじ

この世界の命運を担った少年少女たちはロボットに乗って戦う。この星の運命を背負って。このランキングで唯一のロボット(が出てくる) 漫画。

ロボットに乗って戦う、少年少女の物語。このバトル漫画では珍しく、主人公の感情や内面に焦点が当てられています。

僕は、この漫画を高校生の時に読んで感動で泣いてしまいました。普段は全くそんなことないんですけどね。

 

戦う意味とかバックグラウンドが丁寧に書かれているので、「戦う理由」とか「葛藤する様子」とかが好きな人には是非お勧めしたいです!

 

ちなみに、よく『新世紀エヴァンゲリオン』と比較されますが、どちらかというと『ぼくらの』の方がシリアス強めだと思っています。

 

21位 めだかボックス

 

一言あらすじ

生徒会長の “めだかちゃん” が学園内のイザコザを解決するお話。西尾維新先生が原作で、言葉遊びが多い。

西尾維新先生原作の漫画なので、バトルはありですがセリフの分量も割と多め。

ゴリゴリの殴りあいというよりは能力とかを使ったバトルが多いで、肉弾戦が好きな人には向いてないかもしれません。

 

キャラが特徴的なのと、いい意味でめだかちゃんが突飛なのでテンション高く読むことができます

 

22位 未来日記

 

一言あらすじ

不思議な力を持つ日記を手にした者が繰り広げるバトルロイヤル。ちょっと頭を使うのでオフの日にどうぞ。

キャラの立ち方が半端ない作品です。一度読んだら忘れられません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いちご(@yandere_1422)がシェアした投稿

 

ストーリーはめちゃめちゃ練られているはずなのに、キャラとかバトルシーンとかに夢中になっちゃって内容の印象が薄いです。

 

本編が12巻で完結するので、割とさくっと読むことができます。連休の日などに読んでみてください!

 

23位 NARUTO -ナルト-

 

一言あらすじ

火影になる夢を追うナルトの成長の物語。最初の方めっちゃ面白かったのに後半全然覚えてない…

ジャンプ作品の中で忘れられない作品のうちの1つ。完結してしまったけれど、僕の心の中ではNARUTO はまだ続いている気がしている。

初期の頃の中忍試験のあたりも好きだし、最後の方のバトルも割と好きなのでまさに見どころ満載。

 

キャラクターもシカマルみたいにゴリゴリの頭脳戦するタイプもいればロック・リーのように体術オンリーもいるのでバリエーションが豊富です。

読んだことある人も多いと思いますが、是非読み直してみてください!

 

24位 ワンパンマン

 

一言あらすじ

最強すぎて相手を一撃で屠れるヒーローが主人公の物語。ギャグとバトルの比率がピカイチ。

一撃で相手を倒してしまうので、バトル感があんまりないと思われがちですが、きちんと “バトルもの” として成立しています。

そして、紹介にも書きましたがこの漫画のポイントは、ずばり「バトルとギャグパートの絶妙な配分」です。

 

バトルだけだと飽きがちだし、ギャグだけだとギャグ漫画になってしまいますが、そのギリギリの綱渡りを絶妙に成立させています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

かどべあ(@kado.bear)がシェアした投稿

 

そしてもちろん、盛り上がるところできっちりとかっこいいこと言うので最高にシマります。

面白くてさくっと読めるので、是非どうぞ!

 

25位 家庭教師ヒットマンREBORN!

 

一言あらすじ

ダメ少年の元にヒットマンの家庭教師が現れて、ワイワイやるお話。リング争奪戦とかチョイス編あたりが大好きなんだよなぁ。

普段はヘタレなのに大切なとこでカッコいいギャップにやられるのがこの『リボーン』です。

この前高校生と会話してた時にリボーンの話をしたのですが、全然伝わらなくてジェネレーションギャップを感じました。

 

最初はまごうことなきギャグ漫画ですが、途中からバトル漫画になるので、バトルだけみたいという人はリング争奪戦まで速攻で読み進めてください!

 

26位 ケンガンアシュラ

 

一言あらすじ

会社を代表する闘技者同士がガチンコ対決するお話。相撲 vs プロレスなどの異種格闘技戦が見どころ。

「企業の揉め事を、代表者同士の喧嘩で決める」という設定が秀逸で、バトルに集中できるのがいいところ。

そのため、戦う理由とか変なことを考えないでバトルに集中できるので面白さも跳ね上がります。

 

そして、付け加えるとするならこの作品の見どころは「筋肉」にあります。同じ作者の人は『ダンベル何キロ持てる?』という筋トレ漫画を描いていたりするので、筋肉にめちゃめちゃ愛があるのです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

keita kanouchi(@keiiworld)がシェアした投稿

 

なんでかわかりませんが、いいですよね。

純粋なバトル漫画を読みたい人や、筋肉にこだわりのある人にお勧めです。

 

27位 我間乱~GAMARAN~

 

一言あらすじ

江戸時代、剣の道を極めた少年の物語。技がただひたすらにかっこいい記憶しかない。

このランキングで、1番マイナーな作品ではないかと思っています。僕も『我間乱』の話で友達と盛り上がった記憶はあんまりありません。

でも、めちゃめちゃ面白いんです。正直、もっと流行ってもよかった

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gintanimism(@gintanimism)がシェアした投稿

伝わりますか、このかっこよさ。

 

このヒュバって感じ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gintanimism(@gintanimism)がシェアした投稿

俺がこの作品について話せる友達が欲しいので、みんな是非読んでみてください!

 

28位 うえきの法則

 

一言あらすじ

能力を与えられた中学生が神になるために戦うお話。今思うとよくわからないほどハマっていた時期が僕にもありました。

中学生くらいの時にマイブームがきた作品。珍しく主人公が中学生だった気がします。

『うえきの法則』も能力系のバトルものなのですが、その能力の応用がすごくてバトルごとにびっくりしてました。

 

展開も最終バトルに向けてどんどんアツくなるし、キャラも個性的なのがどんどん増えるし、魅力的な作品です。

 

29位 シャーマンキング

 

一言あらすじ

霊能力者の頂点を決める戦いを描くストーリー。敵キャラが毎回最強すぎてわけわからなくて笑う。

シャーマンキング、略して『マンキン』。

終わり方がアレだったのでこの位置なのですが、間違いなく上位のランキングに食い込むポテンシャルを持っています。

 

読んでいるとわかるのですが、「巫力」とか「霊力」とかで強さをわかりやすく数値化してくれるので納得感があります。

ただ、その分「相手のボスの強さ」もはっきりとわかってしまって、かなり絶望します。

 

30位 BTOOOM!

 

一言あらすじ

ゲームの世界を再現した無人島で容赦ないバトルが幕を開ける。割とハードな漫画。

無人島に強制的に送られて、バトルロイヤルをするというストーリー。オンラインゲームのリアル版でバトり合うという設定です。

 

内容としては「ボンバーマン」を思い浮かべてもらうとわかりやすいです。

単純な構造なのに、おくが深く戦略性なども無限大なので、割と長く楽しめます。

 

31位 ジョジョの奇妙な冒険

 

一言あらすじ

“ジョジョ” という愛称を持つ主人公が正義を貫くストーリー。君は引力を信じるか?

なぜこの位置にランクインしているかというと… 全部読んでないからなんだよなぁ。

僕は第4部までは読んでるのですが、それ以降がわからないのであえて最後に置かせていただきました。

 

いや、まじで面白いし、名言のオンパレードなので今まで敬遠していた人は是非是非読んで欲しいです!

 

僕もこれから読みます!メタァ!

 

最後に:やっぱりバトル漫画は熱いぜ!

以上、僕がおすすめするバトル漫画でした。いかがだったでしょうか?

バトル漫画は僕が大好きなジャンルなので、ついつい長くなってしまいました。

 

別の記事では、もっともっと長く、たくさんの漫画を紹介しているので気になった人は是非読んでみてください!

関連記事:【おすすめ漫画 ランキング100】人生で読んでおくべき名作から隠れた神作品まで

 







関連記事 & スポンサーリンク