うまい文章を書くためにするべきことは何かを解説してみた

kaku-titleimage




自分で書いた文章を見て、「なんじゃこのひどい文章は?」と思ったことはありませんか?僕もブロガーとして「どうやったらいい文章を書くことができるか」を日々考えています。

 

何かを”書く”ということには様々な技術が必要です。それも、その技術はパッと身につけることができないものが多く、確かな努力を積み立てていくことが必要です。

 

今回はものを書くときの書き方にスポットを当てて、どうすればうまい文章をかけるかを時系列に沿ってまとめて見ました。タイトルに長い文章の書き方!とありますが、これは報告書や論文などの文章を書く時にも使える技術です。ものを書く人や、これから書こうという人はぜひ参考にして見てください。

 

文章の書き方

 

1. 書くまえに決まっている

radio-Gymnastics

何かを書くとき、大切なことは原稿用紙やレポート用紙に向かう前に何をするかです。書くことが上手い人というのは突然何かを書き始める人ではなく、その前にきっちり準備をして臨ことができる人です。

 

1.1 文章を書くのに最低限の文法とか知識とか

日記などを除き、文章を書くということはその文章を誰かに読んでもらうことが目的ではないでしょうか?あなたがもしその文章を読むとして、漢字が色々間違っていたり、言葉遣いがなっていなかったら、それを読みたいと思いますか?ないですよね。

文章を読むということは、受動的な行為なので、相手が「読みたい!」と思わない限り読んでもらえません。物書きでは、いろんなマイナスポイントがでてきますが、文法や誤字があるようではまだまだです。

まずは、人に何かを読んでもらうために最低限必要になる”知識”を身につけておきましょう。

 

1.2 メモを取る癖をつけよう

あなたは毎日いろんな出来事や文章に触れ合っていると思います。そういった経験はものを書く上で大切です。それがあなたらしさを作っていくことにもなるのです。

でも、そういうのを全て覚えてられるかといえばそんなことはありません。なので、メモを取ることをオススメします。朝の散歩で感じたふとしたこととか、コンビニの雑誌コーナーで見た面白い単語などを手帳などにメモっておきましょう。

 

1.3 プロットを書こう

何かを書くぞ!と思って、その後すぐに書き始めると詰まってしまうことはありませんか?そんな時は、まず書き始める前に、プロットを書くことにしましょう。

プロットとは、文章を書くときの設計図です。何を伝えたいか、語り口、章の構成などを事前にある程度決めておくことで、「次は何を書こう」と悩む時間を減らすことができます。

どの程度事前に決めるかは書くものや人によって様々です。何度もやっているうちに自分にあったやり方を見つけて見るといいでしょう。

 

1.4 締め切りを意識する

文章を書く上で意識しなけれrばならないのが、締め切りです。特に期限の決まっていないものこそ自分で何か区切りを持たなければだらだらと流れていってしまいます。

締め切りと聞くと、なんだか追い込まれる物のように感じますが何も締め切りは必ずしも悪いものではありません。締め切りがあることによって頑張れるときあってあるのです。

ある程度書き慣れてくると、どのくらいの時間があれば何字くらいのものがかけるかがわかってきます。それを逆算していついつまでにこれを書き上げる!という期限を設けることで文章が圧倒的に書きやすくなるでしょう!

 

2. 書く技術

writing-rabbit

いよいよ、”書く”段階です。ここにおいては、特に何を書くかによって全然違ってきます。小説ならキャラクターの書き分けを意識したりとか、論文なら再現実験できるように器具の番号を記録しておくとか、割と細かな話もあります。

ここで扱うのは、どの文章を書くにも必要なことです。

 

2.1 自分の立ち位置を考えよう

あなたが書く文章にとって、あなたはどの立ち位置を取りますか?もう少し具体的にいえば、視点を決めようということです。

視点には、だいたい

・一人称視点…小説でいう主人公の視点。一人称は「私」「僕」。

・三人称視点…語り口が3人称。

・神視点…文章とは切り離された外からの視点。

の3つがあります。

日記や小説では一人称視点でもいいかもしれませんが、報告書が ”私はこう思いました。”というものであってはまずいです。それぞれによって使い分けをしましょう。

 

2.2 物の言い方を変えよう

文章の中で、何回も同じ言葉を使うのはあまり良くない傾向にあります。特に英語では”幼稚な”文章とみなされます。日本語でも、響きが良くない場合が多いです。

例をとって見ていきましょう。

 

今回は文章を書くときの書き方に注目して、文章を書く時、どうすればうまい文章をかけるかを時系列に沿ってまとめて見ました。

これはこの記事の最初の方から持ってきたのですが、なんだか「イラっ」としませんか?

それはおそらく”文章”とか、”書き方”という言葉が繰り返し使われているからです。ちょっと直して見ましょう。

 

今回は文章の書き方にスポットを当て、モノを書く時、どうすればうまい文を書くことができるかを時系列に沿ってまとめて見ました。

どうでしょう?少し良くなった気がしませんか?(あんまりうまい例じゃなかった…)

こんな風に、同じ言葉を別の表現で言い換えたり、間を開けたりして読者が読みやすいように心がけるといいでしょう。

 

3 さて、ここからが勝負!

namecard-change

一通り書きあがったところで完成させてはいけません。書きあがった文章はまだまだ修正すべきところや、良くなるポイントを秘めています。これから文章を直す作業に入ります。

 

3.1 推敲をしよう

推敲とは、書いた文章をもう一度見直し、最適な表現や字句を考えて練り上げることを言います。ようは、「もう少しいい文章にならないかなぁ」と頭をひねろということです。

この他にも、誤字脱字や論理の繋がらない部分など修正箇所はたくさんあると思います。これらを直すことで、あなたの書いたものはより良くなっていくことでしょう。

 

3.2 誰かに読んでもらおう

さて、自分で「これでいいっしょ!」と思ったら、次は誰かに読んでもらいましょう。そこで大切なポイントは、誰かに批評をもらうことです。

 

何かを書くということは恐ろしいもので、そこに自分の癖や習慣などが現れてしまいます。それが良ければあなたらしさですが、悪ければただの読みにくさになります。そしてこれの厄介なところは、「自分一人では気付けない」ところ。

なので、できれは読んでくれた人からフィードバックをもらうようにしましょう。それを聞いて、改善していけばあなたの文章力は格段に上がりますよ!

 

4. さらにうまくなるためには

progress

さて、いろいろ書いてきましたが、僕が知っている文章の上達方法って実は一つしかないんです。それは…量をこなすこと。

ここにきてそんなことかよとおもったかもしれませんが、これってめっちゃ重要。最初のうちは兎にも角にも書きましょう。

 

4.1 文章は書いて上手くなる

誰も最初のうちからうまい文章が書ける人なんかいません。どんなに天才に見えてもその人は影で僕たちの想像できないくらいいろいろなものを書いています。それを見ることなしに、「あの人は天才だから…」なんて笑ってしまいます。

最初のうちはうまくできないかもしれません。でも、そんなことを言っていたらあなたの腕は一生上達しません。書かなければ、書くことができるようにはならないんです。

 

ここまで書いてきたことは全部”上達が少し早くなるかもしれないヒント”です。これだけ知っていても、明日からうまい文章が書けるわけはないのです。

とりあえず文章を書く習慣をつけ、毎日毎日書きましょう。それが上達への道です。

 

4.2 オリジナリティーとは?

何かを書くときに、”オリジナリティー”ってあったら素敵ですよね。公的な文章は置いておくにしても、手紙や小説で「あ、この人だ!」ってなるのって素敵ですよね。

自分もそんなん出したいけど…って毎度毎度思ってるんですけど、最終的に、「自分らしさってなんだ?」ってとこまで行き着いてしまって、そしているも通り平易な文章が出来上がるのがオチです。

これは本当に難しいと思います。出したいけど、無理に出すものでもないと思うし…

とりあえず、自分を見つめて見ることから始めようと思ってこんな記事も書いて見ましたが、まだまだ見つからなさそうです。

 

最後に

いろいろ書きました。テクニック的な部分やメンタル的な要素がかなりごちゃごちゃになってましたが、自分が気をつけていること、それに本や他のブロガーさんの書き方を参考にさせてもらい自分なりにまとめたつもりです。

僕もブログを書いてもう3ヶ月。総字数はなんと30万字くらい。長編小説が3つくらの文字数です。でも、まだまだだなって感じることがあります。

これからもたくさん書いていって、この記事に書いてあることが正しいって証明したいです。最後までお読みくださりありがとうございました!

 

関連記事 & スポンサーリンク



kaku-titleimage

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



学生なら絶対にオススメ!
Amazon Prime Student

今、アマゾンプライムに登録すると、2000のクーポンがもらえる!つまり…実質1年間無料で使える!