集中を妨げない! 作業用に使えるゲームのサントラ、BGMをランキング形式にまとめてみた

gamemusic-bgm-titleimage

 

ゲーム音楽と聞いて、あなたはどんなイメージを持っていますか?

ゲーム音楽は、ただ流れていればいいというものだけでなく、ゲームの世界観を作ったり、臨場感を出したり、ゲームの疲れを軽減したりするのに重要な役割を果たしています。

 

これらの要素は、すべてゲームに入り込むことを目的としてゲーム音楽があることに起因しています。だったら、それを使えば作業に集中できるのでは?と思い僕は勉強の時にゲームのサントラやBGMを聞いていることが多いです。

そんなサントラやBGMを、僕なりにランキングにしてみました。

 

 

7位 FF (ファイナルファンタジー)

まずは、みんな知ってるファイナルファンタジーです。ストーリーやグラフィックなどが高く評価されている印象ですが、音楽もものすごく良い!

 

まずはFFのメインテーマとして出てくるのがFF14のオープニングテーマ。テレビ番組でBGMとして挿入されていたり、オーケストラに演奏されたりなど国内、海外を問わず幅広い層から人気を集めています。

 

そのほかにも、FFの音楽はシリーズの顔といっても良いものでBGMを語るならまずファイナルファンタジーを!との思いからオススメしたいと思いました。

実際にゲームをプレイしていたことがある人は、「このシーンのここがよかったんだよなぁ…」とか、「徹夜でエンディング迎えて、この音楽流れて泣いた」とかいろいろな思い出があると思います。

 

現に、好みも人によってかなり分かれている気がします。

ちなみに、僕のオススメは、有名で申し訳ないですが「ビッグブリッヂの死闘」。FF V のなかでダントツの人気を誇る曲だと思います。やっぱりテンション上がるよね。

 

 

6位 サマーウォーズ おおかみ子どもの雨と雪

次は、細田監督作品の2つの映画、『サマーウォーズ』と『おおかみ子どもの雨と雪』のサントラです。 (ゲームBGMじゃないじゃんとか言わないで…)

 

個人的にはどちらもテンションをあげにいけるので、少し憂鬱な作業をするときに流しています。特に数学の問題を解くときには「栄の活躍」とかを聞いてなんか問題解けるような気がするぞ?ってテンションにしています。

おおかみ子どもの雨と雪では、たまたまサントリーのお水のCMで聞いた「きときと」を聞いてハマりました。この曲はなんだか目の前がパーって広がっている緑色の景色が綺麗に見えます。心を洗われたい人にオススメ。

 

 

5位 UnderTail (アンダーテール)

アンダーテイルは、同人ゲーム作者のToby Foxが作ったゲームです。クラウドファンディングで資金集めをして、グラフィックスの一部以外はほぼすべてをToby氏が作ったゲームで、開発に2.7年もかかったそうです。

内容は、タイトルどうり地下世界を舞台にしたもので、ゲーム一番の特徴は必ずしもバトルでモンスターを倒さなくてもいいこと。キャッチコピーは「誰も死ななくてもいい世界」。

 

そんなUndertailですが、開発者のToby氏は日本のゲームにも影響を受けていて、BGMにもその傾向が見えます。

特徴としては、どこか懐かしいビット音を思わせるテーマが多く、ゲーマーの間でもすこぶる好評価を得ています。

 

 

4位 ダンガンロンパ

さて、ここからは有名どころが多くなってきます。第4位はダンガンロンパです。2010年にSpikeより発売された、「ハイスピード推理アクション」ゲームです。

アニメになったことでファンが増えたとされていて、僕もその一人ですね。モノクマの声が大山のぶ代だったので、あれがドラえもんに見えて仕方なかったです。

 

このゲームの音楽を担当したのが、『地球防衛軍』シリーズで知られる高田雅史さん。ほかにも「花と太陽と雨と」などのゲーム音楽を手がけています。

ダンガンロンパで印象的なところといったら、やはりお仕置きの時にかかるBGMでしょうか。物々しい感じというか、心を不安にさせるというか…でも気持ち悪い感じにならないのがすごいなと思います。

 

 

3位 スプラトゥーン

最近の曲としては、スプラトゥーンがランクイン!2015年に任天堂から発売されて以降、累計売上数はなんと世界累計242万本。計算上、国内のWii U ユーザーの2.5人に1人が持っているという、ゲームソフトとしては異例の売り上げを記録しています。

2017年の夏には続編のスプラトゥーン2がNintendo Switchで発売されましたね。今もプレイしている人も多いんじゃないでしょうか?

 

サウンドトラックは完全なオリジナル。ゲーム内には、イカ世界のアイドル、シオカラーズが歌う楽曲として流れているものもあり、独自の世界観を作り出しています。

このゲームのサントラも非常に評価が高いです。曰く、「中毒性が高い」とのこと。ずっと聞いていられるというか、聞けば聞くほど味が出るのでぜひ耐久トラックとかをしてみてください。

 

 

2位 ペルソナ

第2位にランクインしたのは、ペルソナです。シリーズの世界累計売上は現時点でなんと850万本超え!まさにおばげシリーズです。

そんなペルソナシリーズですが、ダントツで評価が高いのがサントラ。「ペルソナ」で検索をかけると、「ペルソナ bgm おすすめ」と出てくるようなゲームです。

特に、ペルソナ3、4、5とここのところハズレがない!

 

ペルソナの音楽の特徴は何と言っても「おしゃれ、カッコいい」の一言に尽きると思います。もうほんとに、耳が幸せ。これは言葉では伝えられないですね。

とにかく聞いてみることをおすすめします。

 

 

1位 NieR:Automata (ニーア・オートマタ)

第1位は、ニーア・オートマタです。スクエアエニックスから2017年の3月に発売されました。

退廃的な世界観を見事に表現したゲームミュージックはもはや芸術の域です。静かで、重厚感のある響きで、集中するのにピッタリだと思います。

 

そんなニーアのサントラ、『NieR:Automata Original Soundtrack』は、ゲームとしては異例のオリコン&Billboard週間2位にランクインしたことからも、このゲームの人気やファンの指示が伺えますね。

 

 

最後に

以上が、集中を妨げない! 作業用に使えるゲームのサントラ、BGMをランキング形式にまとめてみたでした。

いい音楽ばかりなので、聞くことに集中してしまって作業に支障が出ないように、あくまでのBGMとして聞いてもらえたらいいと思います。

 

個人的な好みが先行して、最近のゲームの曲が多かったように思いますが、ほかにもたくさんいい曲があると思うので自分でもぜひ探して見てください!

次に読みたい


gamemusic-bgm-titleimage

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



ドラマもアニメも!
Hulu

月額933円”で海外ドラマ、国内ドラマ、映画、アニメなど映像コンテンツが見放題の定額制動画配信サービス



2 件のコメント

  • コメントありがとうございます。トッププロランキングさん、覗かせていただきました。

    登録もしてみようと思います。これで多くの人に僕のブログを見てもらえると嬉しいです。よろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。