【素朴なギモン】 なんで勉強するのかを京大生が考えてみた

why-japanese-people




さて、いきなりですが質問です。

あなたは勉強が楽しいと感じたことはありますか?毎日の宿題や課題が楽しくてたまらないという人はどのくらいいるでしょうか?

いることは否定しません。しかし、ほとんどの人がそうではないと思います。むしろ

「どうして勉強なんかしなきゃいけないんだろう?」
「今やっている算数や国語がどんな役に立つんだろう…?」

というギモンを抱えている人が大半なのではないでしょうか?

 

多くの人が、学校が嫌いなわけではないと思います。友達もいるし、授業の合間のくだらない話は面白いし、部活動もなんだかんだ悪くはない…

ただ、それでも勉強が好きになれない人は多いんじゃないかなと思います。あとは、テスト?

僕もそうでした。楽しくて楽しくてずーっと勉強していたわけではなくて、嫌々ながら(?)やっていた時期もありました。

そういう時に必ず考えることは、やはり

「なぜ、勉強をするんだろう?」

というギモンです。そして僕の場合はその答えを誰も提示してくれなかったように思います。言い方を変えれば、「なぜ勉強をするのか」を深く考えないままに大学まで来てしまいました。

そこで、この際なので「なぜ勉強するのか」について考え直してみようかと思います。

少し長くなってしまいましたがお付き合いください。

 

人はなぜ勉強するのか?

girls-thinking

人はなぜ勉強をするのか?いきなりこの問いに答えるのは難しいかもしれません。そこでこの記事で勉強科目ごとになぜ学ぶのかを考えて見ました。

 

なぜ国語を勉強するのか?

なぜ国語を勉強するのかと言われれば、これは日本人が生きていく上で大切なことだからだと考えます。国語の技能を大きく分けると、「読む・聞く・話す・書く」ですが、このどれもが私たちが生活する上で必要になって来ます。

例えば、漢字の書き取りなどは仕事をする上でも必要になってくるし、小説の登場人物の気持ちを推測することは実生活でも応用が効きます。また、俳句や隠喩の理解、敬語など国語の技能は生活のあちらこちらで見え隠れしています。

なので国語を勉強することは「生きていく上で必要だから」ということで良さそうです。

 

なぜ英語を学ぶのか?

英語も国語と同じ「言葉」である以上、やはり「読む・聞く・話す・書く」を理解することの重要性が挙げられます。

しかし、なぜ海外の言葉を勉強するのかについてはもう少し考えてみる必要がありそうです。

海外の言葉を勉強する一つの理由として、私は「文化の相互理解」の入り口になるからと考えています。

皆さんも経験があるかもしれませんが、英語の授業はただ英語を読んだり書いたりするだけでなく、英語圏の文化やそこに住む人々の生活、文化を知るきっかけにもなっていました。海に囲まれた日本においては、海外というのは殊に異質なものです。そういった人々知ることのきっかけとして英語を勉強するのではないかなと思います。

あとはやっぱり単純にコミュニケーションができる人が増えるというのもいいものです。

 

なぜ歴史を勉強するのか?

歴史も言語と同じように比較的わかりやすい「理由がある」と思います。

私たちが生きているこの世界には、正解なんてものはありません。過去の状況と全く同じようなシチュエーションもなければ、模範解答もありません。そんな中で”正しいと思える”判断をしていくには過去から学ぶしか方法はありません。歴史とは、いわばこれまでの経験で、それを生かすために私たちは勉強をするのです。

「歴史は繰り返す」とよく言われます。過去を学べば、未来が見えてくる。一言で言えばそれが歴史を学ぶ意義だと思います。

 

なぜ理科を学ぶのか?

さて、数学(算数)と並んでなぜ勉強しなければならないかと聞かれて多くの人が頭を悩ますのがこの理科。特に文系就職する人にとって、「物理」や「地学」がなんの役にたつかと言われれば難しいところです。

よく言われるのが、言い方は悪いですが「騙されない能力」をつけるため。例えば最近話題の「水素水」がありますが、あの効果について科学的なギモンの目を持つことは生きていく上では役にたつかもしれません。(水素水についての個人的な意見とかは置いておいて…)

しかし、最近の科学や物理は最先端すぎて、その筋の人もよくわからななくなっています。例えばSTAP細胞の小保方さんの時もいわば世間みんなが騙されていた状態だったのに誰も気がつきませんでした。そんなことがあったので文系の人が理科を学ぶ必要性は難しいです。

理科系の人はなぜ勉強するかについてはわかりやすいですよね。この世界は物理と化学が支配しているし、将来の研究に必要なので!と言えばそれまでです。

文系の人も、そのほんの少しを理解するために勉強するのかもしれませんね。

 

なぜ算数(数学)を勉強するのか?

なぜ勉強をするのか本当にわからない科目No.1 といっても差し支えないのが数学。特に、四則演算くらいまでは日常で使うのでできたらいいかもしれませんが2次関数や因数分解、sin cos tan がどこで役にたつかわからない!という人は多いのではないでしょうか?

ではなぜ数学を勉強するのでしょうか?僕なりの答えは、

「論理的な思考を身につけるため」

だと思います。

例えば、

5-2=3

という数式は、「5から2を引いたら3だな!」という理解ですが、ここで大事なのは答えが3だということではなく、5から2を引いたら3になったということです。

よく、難しい計算や丸暗記を強要させられる複雑な公式のせいで見えにくくなっていることも多いですが、数学は本来「論理(ロジック)の学問」です。それこそ、人間が発明した数学の記号という言語を使って理路整然と道を作って進んでいくのが数学です。

これを日本語でやろうとするとどうしても主体性が出てしまったり解釈が曖昧になってしまいます。数学の良さは、誰がどこからどう見ても1+1は2であることなのです。(初等教育までかもしれませんが…)

 

まとめ

なぜ勉強するの?
  • 国語、英語…生きていく上で必要だから(文化の理解に必要だから)
  • 数学…論理的な思考を身につけるために必要だから
  • 理科…騙されない能力を身につけるため
  • 社会(歴史)…過去を学べば、未来が見えてくるから

 

ここまで考えてきて、なぜ勉強するかという問いには、将来役にたつからという答えがぴったりなような気がして来ました。なぜ勉強しなければならないか?という疑問が頭に浮かんで来たら、上に書いた項目を思い返して見てはいかがでしょうか?

 

 

本の紹介

 

 

この記事の内容にとっても近いんじゃないかって本です。

内容紹介

◎理由が分かれば勉強が大好きになる!

主夫として2人の娘を育て上げたベストセラー作家が、
社会で生き抜くために本当に必要な“3つの力”を説く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎各種試験問題にも採用された
ベストセラー作家が説く勉強の本質

「なぜ、微分積分を勉強しなければならないの?
文系に進めば、そんなもの学んだって、何の役にも立たないじゃない」

こんなふうに子どもから訊かれて、親はどう答えるだろうか?…

[続きを読む]

 

こういった本に僕も早く巡り会えればよかったのかなぁなって思います。

 

 

スタディサプリ



スタディサプリ月額980円(2週間は無料!しかも使い放題!)で予備校と同レベルの授業を受けられる超とってもお得なサービスです。

特徴は、

  • 会員登録は3分で終了
  • 最初の2週間は無料!お試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな科目の好きな授業を好きなだけ受けられる

 

勉強は一人でできることと、一人ではできないことがあります。問題を解いたり、暗記をしたりすることは一人でもできますが、考え方を学んだりすることは決して一人ではできません。

参考書で勉強することの良い点は、一人で自分のペースで勉強できることです。しかし、それだけだと理解のたりない部分が出てきてしまったり独りよがりの勉強になってしまう可能性があります。

 

そんな受験生にオススメなのは、「スタディサプリ」です。人気講師たちが面白い授業を繰り広げてくれるのでいつ見てもあきません。また、あなたの苦手なところや聞きたいところだけをみることができるので苦手潰しにもおすすめです。

最初の2週間は無料なので、とりあえずいますぐ登録することをおすすめしますよ!

 

 

 

 

関連記事 & スポンサーリンク



シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です