英語を「早く・確実に」学ぶために必要なたった1つの王道とは? 

american-books




英語学習をこれからしようとしている人、そしてもうすでに英語を勉強している人にとっておおきな関心ごとなのが、

「なるべく楽に早く英語を習得する方法はないだろうか?」
「間違った勉強法をしていないか不安だ」

といったことではないでしょうか?

そういう人にぜひアドバイスをしたいのですが、英語学習はぜひ「王道」を地道に歩んで欲しいと思います。

 

というのも、英語学習の教材なんかに、「楽して覚える」とか、「最短〇〇日でToeic 950点以上を目指す!」などという甘い誘惑があるからです。ああいったものは、特に結果が出ないうちは大変心を揺さぶられます。

しかし、楽して簡単に覚えられるものがあるなら、日本人は誰でも英語をペラペラ話しているはずですよね。ですがそうはなっていません。そういった方法は近道であるどころかむしろ遠回りになってしまう可能性さえあります。

 

英語を学ぶためには地道な勉強が必要!では、その地道な勉強とは一体どんなものなのでしょうか?

この記事では、地道だけど「早く・確実に」英語を学ぶための方法を紹介します。自分の英語学習に不安がある人は必読ですよ!

 

英語学習の王道とは?

railway

英語学習の王道は、とにかく時間をかけることです。ひたすらに英語に触れる。ただそれだけ。

一昔前のCMで、「英語なんて言葉なんだ。やれば誰だってできるようになる」とおっしゃっていた先生がいました。僕も本当にそのとおりだと思います。やれば誰だって英語を読み、書き、そして話すことができるようになります。

 

しかし、それには時間が必要です。あなたはどのくらい英語に時間を割いているでしょうか?

  • 空き時間があれば英語をリスニングしていますか?
  • トイレの壁に英単語を貼っていますか?
  • ご飯を食べる時には英語の映画を見ていますか?

 

上記のことをやっていて、それでも伸びないという人はすぐに勉強法を見直すべきですが、それ以外の人は英語に触れる時間をもっと取るべきです。

では、なぜ英語学習には時間をかけなければいけないのか?理由は2つあります。1つは勉強には時間がかかるから。先ほども言いましたが、英語を含め全ての勉強において、「楽に」学ぶ方法はありません

 

学問に王道(近道)なしという言葉がありますが、やっぱり勉強には地道な努力が必要なのです。

そして理由の2つ目は”あなたの脳を英語に慣れさす”ためです。日本語をきき、日本語で考え、日本語で話しているあなたの脳はそもそも英語対応していません。そこに英語を入れようとするのは、WindowsのOSでMac用のアプリケーションをインストールするようなものです。

 

まずは脳に、英語という言語があるということを認識させましょう。そのうち、パチンと何かスイッチが入ったように英語がスラスラ入ってくるようになります。この状態だと、英語をわざわざ日本語になくても英語のまま意味を取れるようになります。それまでは時間をかけた勉強あるのみです。

 

この、英語にたくさん触れることは「英語のシャワーを浴びる」と表現されます。まさに全身に英語のシャワーを浴びまくりましょう。

 

 

時間をかける方法

英語学習に時間をかけた方がいいことはわかったけれど、どうやって時間を見つけたらいいかわからない人や、英語にずっと触れていることが難しそうな人向けに「僕はこうしていたよ」というオススメをしたいと思います。

 

モチベーションを見つける

あなたが英語を学習するのはなんのためでしょうか?期末テスト?それとも留学のため?何か目標があると勉強のモチベーションが変わってきます。

例えば、

  • 洋楽を歌詞の意味を理解しながら歌いたい
  • といったような目標を持つといいでしょう。他にも
  • 海外の友達とおしゃべりできるようになりたい
  • 英語でミュージカルが見たい

など、なるべくリアルで叶えられそうな目標を持ちましょう。そして、例えば洋楽を理解したいのであれば週に1、2時間は洋楽を聴いたりする時間をとってみるといいでしょう。

 

そうすることによって自分がどの程度成長したかがわかりますし、勉強をする意欲も湧いてきます。

 

スマホのアプリを使う

今の世の中はスマホがあればなんでもできます。

例えば英語学習で行ったら

  • 英単語
  • 文法
  • 長文読解
  • リスニング

などはスマホがあればできてしまいます。(あくまで紙の代替としてですが…)

なので、スキマ時間などを無駄にしないために何かスマホですることを決めておくといいでしょう。自分の苦手分野がオススメです。

僕の場合は、もっぱらリスニングに使っていました。イギリスの国営放送(英国版のNKH)のBBCというラジオ番組をずっと聴いていました。他にも、例えばTEDカンファレンスなどのプレゼンを聞いたりもしていましたし、英語の映画なんかもダウンロードしておくこともありました。

今の時代はせっかく便利な機械があるので、使える時はしっかり使っておきましょう。

 

アウトプットのヒント

今までの2つは、おもにインプットのことについてでした。語学学習には、読む・聞くという受け取りも必要ですが、同時に書く・話すという伝える側の訓練も大切です。

しかし、この伝える訓練というのは多くの人ができていないことが多いです。いわゆるアウトプットの練習って機会もほとんどないし、やらなくてもなんとかなることも多いのでおろそかにしてしまう人も多いんです。

 

そこで、そうならないために僕がやっていたことは、日常の色々なことを英語に言い換えてみることです。CMで聞こえてきたことやことわざ、街中の看板などで見かけた言葉などを英訳するのです。最初は大変で、辞書を結構使うのですが、慣れてくるとパッと出てくるようになります。

コツは、簡単な言葉に言い換えることです。これは自由英作文の対策になりますよ。

 

まとめ

英語の学習には時間をかけましょう。

そのためには、

  • 目標を立ててモチベーションを上げる
  • スマホで空き時間にも英語に触れる
  • なんでも英語にしてアウトプット

をしてみましょう!

 

最後に

本当にしつこいようですが、英語学習には時間をかけることが1番です。英語に触れ、なれることができれば英語上達はもっと早く、楽しくなりますよ!

 

地道かもしれないですが、一日ずつしっかり頑張ってみましょう!

 

 

スタディサプリ



スタディサプリ月額980円(2週間は無料!しかも使い放題!)で予備校と同レベルの授業を受けられる超とってもお得なサービスです。

特徴は、

  • 会員登録は3分で終了
  • 最初の2週間は無料!お試し使いたい放題
  • 会員登録後、すぐに動画授業を受けられる
  • 好きな科目の好きな授業を好きなだけ受けられる

 

勉強は一人でできることと、一人ではできないことがあります。問題を解いたり、暗記をしたりすることは一人でもできますが、考え方を学んだりすることは決して一人ではできません。

参考書で勉強することの良い点は、一人で自分のペースで勉強できることです。しかし、それだけだと理解のたりない部分が出てきてしまったり独りよがりの勉強になってしまう可能性があります。

 

そんな受験生にオススメなのは、「スタディサプリ」です。人気講師たちが面白い授業を繰り広げてくれるのでいつ見てもあきません。また、あなたの苦手なところや聞きたいところだけをみることができるので苦手潰しにもおすすめです。

最初の2週間は無料なので、とりあえずいますぐ登録することをおすすめしますよ!

 

 

 

 

関連記事 & スポンサーリンク



american-books

シェアしてくれるととても喜ぶ生き物です



zkai-book


あのZ会が送る受験のバイブル
これからの大学入試の教科書

2020年から入試が変わります。そんな新入試を、あのZ会がわかりやすく丁寧に解説してくれます。今なら無料で配付中!これは知っていると知らないとでは大きな差になりますよ!